徒然草  「屏風・障子などの絵も文字も」


徒然草、第81段は「屏風・障子などの絵も文字も」。
趣向の良し悪しについて兼好法師が語ります


 
 

第81段



屏風・障子などの絵も文字も
------------------------
屏風や障子の絵でも文字でも



かたくななる筆様(ふでよう)して書きたるが
----------------------------------
見苦しい筆づかいで書かれてあるのは



見にくきよりも 宿の主のつたなく覚ゆるなり
--------------------------------------------------
みっともないというよりも、その家の主が品なく見えるものである



大方持てる調度にても
----------------------------
およそ持っている調度品によっても



心劣りせらるる事はありぬべし
-----------------------------------------
持ち主の方が劣っていると思われることはきっとある



さのみよき物を持つべしとにもあらず
-----------------------------------------
そんな上等な物を持たねばならぬという訳ではない



損ぜざらんためとて
----------------
傷まないようにとして



品(しな)なく みにくきさまに しなし
-----------------------------
品なく、醜い様に仕立てたり



珍しからんとて 用なきことどもし添え
------------------------------------------
珍しくしようとして、不必要なこともあれこれつけ加え



わずらわしく好みなせるを言うなり
-----------------------------------------
うるさく趣向を凝らしていることを言っているのである



古めかしきようにて いたくことことしからず
----------------------------------
古風なようでいて、あまり仰々しくなく



費(ついえ)もなくて 物がらのよきがよきなり
------------------------------------
費用もかけず、質のよいのがよいことである





 
ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック