枕草子 「大進・生昌が家に」  第3回・最終回

◆ やっぱり中宮さまは、すばらしい ◆


これまで、清少納言にコテンパンにされてきた生昌。

作法知らずの生昌は今回も、からかわれっぱなしです。

そんな生昌に対しても、中宮・定子の態度はすばらしく、

清少納言は感銘を覚えます



                 ◇



姫宮の御方(※)の童(わらは)べの装束せさすべきよし 仰せらるるに
-------------------------------------------------------
姫宮である脩子内親王のお付の子供たちの装束を整えるように、
 中宮さまが仰せになると

  ※ 一条天皇と中宮・定子との間にできた第一皇女



「童べの衵(あこめ)の上襲(うわおそい)は何色にか つかまつらすべき」
---------------------------------------------------------
生昌が「子供たちの衵(あこめ ※1)の上襲(うわおそい ※2)は、
 何色にして差し上げましょう」

  ※1 上の衣と下の単衣の間に着る衣装
  ※2 上着のこと



と申すをまた笑う ことわりなり
---------------------------------------------------
と申すのを、女房たちがまた笑ってしまうのも、もっともである(※)


  ※子供が衵(あこめ)の上に着るのは衫(かざみ)と決まっているのに、
     生昌は「衵の上襲」と言っているので、女房たちが笑っているのは
     もっともであると書いている



また 「姫宮の御前の物は 例のようにては 憎げにさぶらはむ
-------------------------------------------------------
また、「姫さまのお食事の器は、普通のものでは、見苦しいでしょうから



ちうせい(※)折敷(おしき) ちうせい高坏(たかつき)にてこそ
------------------------------------------------
ちっちゃなお盆や、ちっちゃな台が

  ※ 「ちいさき」の学生訛り



よくさぶらはめ」と申すを
----------------------------
よろしゅうございましょう」と申すのを



「さてこそは 上襲(うわおそい)着たる童(わらは)べも 
-------------------------------------------
私は「そのようにして、上襲を着た子供たちも



参りよらめ」と言うを
----------------------------------
近くにお伺いするのですね」と言ってやった



「なお例の人のつらに これな笑いそ
--------------------------------------------------------
中宮さまは「(生昌を)世間並みに扱って、笑わないようにしてあげなさい



いと きすぐなるものを いとほしげに」と 制せさせたまうも おかし
-------------------------------------------------------
とても実直な者で、かわいそうですよ」と、制止なされるのも、おかしい










中間(ちゅうげん)なる折
--------------------
中途半端な時



「大進 物聞こむ とあり」と 人の告ぐるを聞しめして
------------------------------------------
「大進・生昌が申し上げたいことがあります」と、
 使いの者が私に告げるのを、中宮さまがお聞きになられ



「また なでうこと言いて 笑われむとならむ」と仰せらるる いとおかし
-------------------------------------------------------
「また、生昌はどんなことを言って、笑われようというのでしょうね」と
 仰せになるのも、とてもおかしい



「行きて聞け」と仰せらるれば わざと出(い)でたれば
------------------------------------------
「行って聞いていらっしゃい」と仰せになるので、
 わざわざ出向いたところ



「一夜の門の事を中納言に語りはべりしかば
------------------------------------------------------
(生昌)「先だっての夜の門の出来事を中納言(※)に話しましたところ

  ※ 生昌の兄、平惟仲(これなか)のこと



いみじう感じ申されて 『いかでさるべからむ折に
-----------------------------------------
とても感心なされて、『なんとかして、しかるべき時に



対面して申し受けたまわらむ』となむ 申されつる」とて またこともなし
--------------------------------------------------------
お会いして、お話を申し受けたいものだ』と、申しておられました」と言い、
 その他に特にこれといって何もない



一夜の事や言わむと 心ときめきしつれど
-----------------------------------------------------------
先だっての夜の一件(※)のことを言うのだろうか、と胸がどきどきしたけれど

  ※ 第2話のできごと



「今静かに御局に候(さぶら)はむ」とて いぬれば
-----------------------------------------------------------
(生昌)「そのうちゆっくりと控えのお部屋に伺うことにしましょう」と、立ち去る










帰り参りたるに 「さて何事ぞ」と のたまわすれば
-------------------------------------------------
中宮さまのもとへ帰ると、中宮さまが「それで、どうでしたか」と、
 仰せになるので



申しつる事を さなむと まねび啓して
---------------------------------
生昌の話をそのまま、まねをして申し上げ



「わざと消息(しょうそこ)し 呼び出(い)づべきことにぞ あらぬや
---------------------------------------------------
他の女房たちに「わざわざ話したいことがあると、
 呼び出すほどのことでもないわね



おのずから静かに局などにあらむにも 言えかし」とて笑えば
------------------------------------------------
偶然、静かに部屋にいるときに、言えばいいものを」と、笑うと



「おのが心ちに かしこしと思う人の誉めたるを
------------------------------------------------
中宮さまは、「自分の心の中で、すぐれていると思う人(※)が
 誉めているのを

  ※生昌がすぐれていると思う人、つまり生昌の兄の中納言
    平惟仲(これなか)のこと



うれしとや思うとて 告げ知らするならむ」と
--------------------------------------------
あなたも嬉しく思うだろうと思い、告げに来たのでしょう」と



のたまわする御けしきも いとおかし
----------------------------------------
仰せになる中宮さまのご様子は、とてもすばらしい



                        (第1話はこちら)

                        (第2話はこちら)



               ◇



このお話のころ、中宮・定子の父・藤原道隆はすでに亡くなり、

その弟・藤原道長が勢力を拡大している時期です。

そのため中宮・定子は出産のため、三等官の生昌の屋敷に

滞在するという異例の事態となっていました。



しかし、清少納言はそんな暗さを少しも感じさせず、中宮・定子を

中心にしたやりとりを生き生きと描いています。

枕草子のなかでも、傑出の一段です。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

sk170827@yahoo.co.jp
2010年09月06日 14:37
arigatou.
daisinnnarimasagaie no genndaigoyakuwo
sagasite imasita.
arigatou

この記事へのトラックバック