なぜ 「キャリア開発」 が重視されるのか

 
世の中にはわかったようでわからない言葉があります。

「キャリア」 もその一つでしょう。キャリア形成、キャリア

開発、キャリアパス、キャリア採用など、最近頻繁に見

聞きするようになりました。では、キャリアとは何なの

でしょう



英語を訳せば経歴、履歴といった意味ですが、これは

どの会社に入社し、どこへ配属され、何をしてきたか、

という履歴書に書ける類のものであり、「客観的キャリ

ア」 とよばれています



これに対し、①自分は何をしてきて、その結果どんな

事に興味や関心があるのか ②自らの譲れない価値

観とは何か ③どんな能力・スキルを身につけてきた

のか、こうしたキャリアの3要素で構成されるのが「主

観的キャリア」 です



キャリアとは、長期的な視点でとらえた自らの仕事生活

のパターンと、そこから得られた自己理解といえます。


馬車が通ってきた後にできる轍(わだち)のようなもので、

それを見れば、その人の通ってきた道がわかり、特徴

やクセもわかる、というものです



また、キャリアは過去だけでなく、将来へ伸びる道でも

あります。私はなぜ働くのか、自分が仕事をする意味と

は何か、生活と仕事をどのように関わらせるのか、これ

らに対する答えとも言えます



従来、会社勤めをしている人はあえて自らキャリアを

考える必要はありませんでした。終身雇用と年功序

列賃金の下でキャリアは会社が設計したり、用意し

てくれたからです



しかし、終身雇用は消滅し、もはや会社は社員のため

にキャリアを用意することはできなくなりました。その結

果、若い社員ほどキャリアは会社任せではなく、自分で

開発していく必要があり、自らが生き残るためにキャリ

アの開発が重要だと認識しています









自分の生活設計を全面的に会社に委ねるのではなく、

自分らしく生きたい、やりがいのある仕事をしたい、専

門的な技術・スキルを身につけたい、と考えています。

では、自分らしさとは何か、自分は何をしたいのか、何

ができるのか、これがキャリアを見つめなおすことなの

です



一方企業は、これまでとは違う人材を必要としています。

それは、新しい発想で事業を創造・革新できる人、専門

的な知識・技能をもった人、失敗を恐れず挑戦する人、

変化対応力に優れ、問題解決能力の高い人材です



企業と個人の目的や方向性が一致しないまま、いくら

教育研修やOJTを実施しても効果は期待できません。

それは会社が必要とするもので、一人ひとりの社員に

ふさわしいものとは限らないためです



企業は社員が主役で、彼らが自発的に成長することを

促す方策を取り入れる必要があります。それがキャリア

開発支援です




キャリアの開発支援を通じて、①「企業の経営理念、方

針、ビジョン」と「社員の夢、生き甲斐、目標」を幅広く、

高い次元で、長期間にわたって一致させること


②企業と社員が価値観を共有し、連帯感を高め、二人

三脚でともに成長をできる仕組みを作ること



これらが必要であり、これが人材や組織が活性化する

カギとなります。そのため、企業にとってキャリア開発

支援は欠かせない人事制度上の課題となっています
 
 
 
次回は、企業が実施する「キャリア開発支援」 の具体

的な手法について述べることにします

 
 



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック