人事コンサルタントの徒然草子

アクセスカウンタ

zoom RSS 『学びとは何か』  今井むつみ・著

<<   作成日時 : 2016/09/06 05:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


「学生時代にもっと勉強しておけば良かったなぁ」という声を耳にすることがある。今の職場では自主的、自発的、自律的、自走的な行動が必要とされ、あなたにしか出来ない仕事、他の人とは違う仕事、あなたらしい仕事が求められている。



インターネットやAI(人口知能)の発達により、検索してわかるような事をたくさん知っていることはあまり意味がなくなり、目的とする情報にたどり着くこと、そして、そこから独創性やひらめき、着眼点(目の付け所)を得たり、問題発見、課題設定できることが大切になっている。そのために欠かせないのが学習だ。座学による学習だけでなく、現場から学ぶ、経験から学ぶ、失敗から教訓を得る、といった学びも重要になっている。



本書は多くの認知科学の研究成果である、新しい知識を生む 「生きた知識」 がどのような形で心に存在し、どのように習得されるのかを読者と共有し、「よい学び」 のためのヒントを提供することを目指している。



画像

 学びとは何か  <探求人>になるために




「よい学び」 を理解し、実践する上で重要なキーワードになるのが スキーマ だ。スキーマとは、私たちが見たり、聞いたりする際に、情報を補っている常識的な知識のことで、経験によって作られた思い込みとも言える。



例えば映画のワンシーンで、向かい合った二人の一人が、「この度はお世話になりました。これはほんの気持ちで」 といって封筒を差し出すと、多くの日本人は封筒の中身は手紙ではなく、おカネや商品券が入っていることがわかる。これができるのはスキーマがあるためだ。日本人と異なるスキーマを持つ外国人は、封筒の中にはお礼の手紙が入っていると解釈することもある。



私たちは文字や映像、音声といった情報をありのまま受け取るのではなく、スキーマに合わせ情報を理解する。スキーマは知識を取り込み、記憶する上で重要な働きをしており、スキーマが誤っていると問題解決に必要な情報がそこにあっても、わからないことになる。



著者は子どもが母国語を習得していく過程に注目し、どのようにスキーマが形成されるかを解説している。子どもたちは誤ったスキーマを作らないようにしているのではなく、スキーマを修正し続けながら母国語を話せるようになっていく。



スキーマを修正し、知識を使えるものにするためには、知識についての認識である エピステモロジー が大きな意味を持つ。つまり、どういった知識観を持つかが学びを決める。



著者は知識を断片的な情報の集積とする見方を 「ドネルケバブ・モデル」 と称している。ドネルケバブはトルコの肉料理で、肉片を貼り付けながら巨大な竹輪のような塊を作り、焼き上がったら外側からスライスして食べる。肉片を集めて貼り付けることから、知識とは断片的な情報の寄せ集めであるとする知識観を 「ドネルケバブ」 とする。



著者によれば知識は 「ドネルケバブ」 ではなく、ダイナミックに変化し続けるシステム、生き物であるとする。そのため、習得した知識を生きたものにして、システム全体を常に変化させることを追い求めるという 探求エピステモロジー を持つことが重要であると言う。



「エピステモロジー」 と深い関係を持つのが思考力だ。思考力には論理を組み立てるスキルだけでなく、実験を繰り返しながら仮説の検証を続けるといった体で覚える 「批判的思考」 や、熟達者に備わっている 「直観的思考」 があり、これらが生きた知識のシステムを構築し、新しい知識を創造する。本書では直観的思考を持つ達人やその道のプロといった人が熟達していく認知過程も取り上げられている。



本書の最後には、子供たちが学びの探求人となるためのポイントとして、「探求エピステモロジー」 を持つことが挙げられている。知識とは@自分で発見するもの A使うことで身体の一部にするもの Bシステムの一部であり変化し続けるものという知識観を持たせるようにする。そのためには親も探求人であることが求められる。



子どもと親の関係は、会社で言えば社員と管理職・経営者と置き換えることもできる。人材育成という経営課題に取り組む上でも役に立つ一冊となりそうだ。






学びとは何か?〈探究人〉になるために (岩波新書)
岩波書店
今井 むつみ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学びとは何か?〈探究人〉になるために (岩波新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『学びとは何か』  今井むつみ・著 人事コンサルタントの徒然草子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる