テーマ:雑記

SONY CMT-X7CD Wifiの接続ができない

SONY CMT-X7CD SONY CMT-X7CDの取扱説明書に従ってwifi接続を試みるが上手くいかない。試行錯誤の末、なんとか接続は完了。本体の設定情報がリセットされた時に備えて、備忘録を残すことに。 【現象】 別冊の取扱説明書で指示されているアプリのSongPalを使ってのwifi接続を試みるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治に起きた日本人による仏像破壊事件

来年のG7サミットは三重県の伊勢志摩で開催されることが決まった。選ばれた理由の一つとして、要人が頻繁に訪れるため警備に慣れていることが指摘されていた。要人たちが目指す先にあるのは伊勢神宮だ。祭られている神様の前では、身分や立場の違いを超え、誰もが頭を垂れる。 一方、私たちは神さま以外にも、仏さまの前でも恭しく頭を下げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米に見る人気の名前の変遷

イギリス王室に誕生した王女の名前は 「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」 に決まった。両親や祖父母からの名前の一部を受け継ぐ命名は伝統に則った手法と言われている。 かつては日本でも子供の名前に親や先祖の名前の一文字を付けることがあったが、最近はこうした名前は少なくなっている。子供の名前は親の思いに加え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉石混淆のオリーブオイル

ユネスコの無形文化遺産に日本の和食が登録されたが、いち早く登録されたのが 「地中海料理」 だ。地中海料理の特徴は穀物、豆やナッツ、野菜、果物、乳製品を毎日摂り、週に数回、鶏肉や魚、卵といったタンパク質を摂る。そして、欠かせない存在が オリーブオイル だ オリーブオイルは健康によいということで、最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たくさんある砂糖の種類の違いとは

仏教は執着することを戒めるが、いくら執着を払おうとしても人間の食欲は老若男女を問わず、誰しも抑えることが難しい。一歩街に出ればケーキやアイスクリーム、チョコレートなどの甘い食べ物は食欲をかきたてる。こうした甘いお菓子に欠かせないのが 砂糖 だ。アルコールも糖分を発酵して作られるから左党もお世話になっている 人間と砂糖の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チップ廃止の動きは定着するか

仕事や観光で外国に行くと日本にはない習慣に煩わしさを覚えたり、戸惑ったりすることがある。その際たるものはチップだろう。チップがやっかいなのは、国ごとに払う率や払う場面が異なっていたり、「払ってもいいけど、払わなくてもいい」 といったように基準が曖昧な国もあることだ チップという仕組みがいつ、どのようにして出来たかは、は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤い色で結ばれる紅葉と赤飯

間もなく紅葉前線が話題になる季節を迎える。桜前線が南から北へ駆け上がるのに対し、紅葉前線は北から南へ向かう。赤く色づく もみじ を求め、全国各地の行楽地は多くの観光客で賑わうことになる ところでこの 「もみじ」 は特定の木の名前ではなく、カエデ科の植物の通称だ。今は紅葉と書いて 「もみじ」 と読むが、古語の 「もみつ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人には馴染めないヤードポンド法

経済のグローバル化やグローバル人材の育成といった言葉を耳にしない日はない。グローバル・スタンダードの本家といえばアメリカだが、そのアメリカ国内では奇妙なローカル・ルールが幅を利かせている。度量衡 とよばれるモノを測る単位のことだ 私たちがモノの長さを測る際はセンチやメートルを用い、重さはキログラム、容量はリットルといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の家紋と西洋の紋章

スポーツの個人競技と団体競技の違いはユニフォーム着用の有無にある。団体競技では選手たちはお揃いユニフォームを着る。チームとしての一体感を高めるためと、競技中に敵・味方を峻別するためだ。このユニフォームと同じ役割を果たすのが 家紋 だ。同じ家紋を使う者同士は、同じ一族であることを示す 家紋が使われだしたのは平安時代の後期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンギス・ハーンの墓はどこにある

日本の古代史で最もミステリアスなのは邪馬台国の場所と女王・卑弥呼の墓のありかだろう。一方、世界に目を転じると、モンゴル帝国の創始者であるチンギス・ハーンの墓所もわかっていない チンギス・ハーンの墓地がわからない理由は、埋葬に携わった人、葬列や葬儀を目撃した人はすべて殺され、埋葬された場所は騎兵隊によって踏み固められ、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変わりゆく印刷技術

日本でもようやく電子書籍が普及しようとしている。これに対し、一部の作家や装丁家、デザイナーたちからは紙の本がなくなることへの懸念も高まりつつある。だが、電子書籍の先進国、アメリカのある世論調査では、大半の人が電子書籍だけでなく紙の本も買い続けると答えている かつて、パソコンがオフィスに本格的に導入され始めた当時も、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の染色技法

海外のファッション製品を輸入している人からこんな話を聞いたことがある。「日本人はみんな肌や髪、瞳の色が同じだから、自分にだけ合う色を探し求めることが少なく、色の組み合わせに対する感度が低い」。もっともな話しと思えたが、よく考えてみると平安時代に貴族たちは十二単や襲(かさね)という衣装で多彩な色の組み合わせを楽しんでいた …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック選手が教えてくれる事

盛況のうちに冬季オリンピックが終わった。普段はあまりテレビを観ない人も、テレビの前に釘付けになったのではないだろうか オリンピックが私たちを魅了するのは情報の均一性にある。一発勝負で実力者がメダルを取れるとは限らないため、予想の点では専門家も素人と同じ情報レベルにある。また、マイナーな競技が多く、身近に競技経験者やプロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本画と膠(にかわ)

東西の冷戦が終結し、ようやく世界は資本主義体制の下で統一されると思われたが、今度は保守とリベラルの対立が浮上している。保守派は古き良き伝統を守る勢力であると同時に、変化を嫌う守旧派になることもある。一方、リベラル派は多様性や革新を容認する反面、破壊者にもなる。どうやら人間は他人と対峙しなければ生きていけない生き物なのかもしれない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様変わりした双六

子供たちの正月休みの遊びの定番といえばテレビゲームだが、帰省して祖父母や年配の親類縁者と一緒に遊ぼうとすると昔ながらのゲームに軍配が上がる。そんなゲームの一つに 双六 がある 現在、私たちが知っている双六は、絵双六 というもので、15世紀の後半、室町時代の頃に誕生した。「仏法双六」 とよばれ、双六をすることで仏の教えを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こだわりの鉛筆

調理人は包丁に、演奏家は楽器に、といったように職人やその道のプロと称される人たちは道具にこだわる。作家にとってそんな道具といえば筆記用具だろう。パソコンで執筆する作家が増えたとはいえ、構想を練る際やちょっとしたアイデアをメモする時は筆記用具のお世話になる 作家の一人、片岡義男氏が新聞に 「一本の鉛筆から」 というコラム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カロリーとダイエット

文部科学省は今年(2013年)の4月から学校給食のカロリーを1食あたり20~30キロカロリー減らすことにする。塾や習い事に通う子どもたちが増え、あまり運動しなくなったためだ。文部科学省は健康増進と肥満防止につなげたいとしている 肥満防止やダイエットでは摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすのが常道とされる。だが、ダイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で最も大切な祭り

使う言葉で世代がわかることがある。「祝日」 と 「祭日」 の違いはその一つだ。年配者ほど 「祭日」 や 「祝祭日」 といった表現を使う。戦前は重要な宮中祭祀が行われる日を 「祭日」 と定め、休日にしていた。現在の祝日のうち建国記念日や文化の日、勤労感謝の日は戦前の祭日が祝日に転じたものだ この宮中祭祀の中で最も重要な祭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

船旅のおもてなし

私たちが旅行や出張の際に用いる移動手段といえば、クルマか鉄道、飛行機が一般的で、船を使うことはあまりない。そのため、船旅では思わぬサービスと出会うことがある。花毛布 はその一つだろう 花毛布は一枚の毛布を使って、松竹梅や富士山といった縁起物や、日の出、桜といった自然の風景、鶴や孔雀などの動物といった造形物を作り上げるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

情報洪水への対処法

誰もがとどまることを知らない情報洪水に溺れそうになっている。ウェブサイトやブログに加え、フェイスブックやツイッターのようなSNSにも新顔が次々に登場し、スマホやタブレットといったデバイスも急速に普及している NHK放送文化研究所の国民生活時間調査(2010年) によると、日本人が平日に仕事以外の趣味や娯楽でネットにアク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人とカレーライス

老若男女を問わず多くの日本人が食する西洋料理がカレーライスだ。家庭の食卓はもちろん、子どもたちの給食でも常に人気の上位に顔を出す。また、会社員の昼食メニューの定番でもある。さらにご当地カレーやカレー味・カレー風味の食品も数多く出回っている 全日本カレー工業組合 の調査によると日本人は1カ月に一人平均4皿以上のカレーライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日突然変わった暦と時間

日本気象協会は従来の 24節季 を見直し、新しい日本版24節季作ろうとしていたが、俳句界や日本語研究者からの反対が相次いだため、この試みを断念したそうだ。歴史的に見ても暦を変えるのはかなりの労力を要する難事業だ もともと日本で旧暦として使われてきた暦は6世紀~7世紀にかけて中国からもたらされた。そして、その中国では時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明治政府のデフォルト

『大阪府を都に変えてくれ、さもないと○○するぞ』、とまるでハロウィンの子どもたちのように唱えている首長のおかげで、にわかに注目を集めたのが都道府県における 「府」 という存在だ。「府」 が誕生したのは明治新政府が誕生した際 (1868年) で、幕府の直轄地のうち奉行が支配する土地や港が 「府」 になり、代官が管轄する地域は 「県」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国のコーヒー事情

人は誰でも男女を問わず年齢を重ねてくると若く見られたいと思うようになる。外見で老けを感じさせる一つが皮膚のシミで、その原因は紫外線により活性酸素が発生し、皮膚を劣化させるためとされている。この活性酸素の働きを抑える物質にポリフェノールがあるが、このほどコーヒーに含まれるポリフェノールに特に高い効果があることがわかった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長時間通勤はご用心

人事異動によって大都市から地方都市へ転勤になると生活が様変わりする。その際たるものの一つが朝夕の通勤だろう。大都市では電車やバスといった公共交通機関による通勤だったのが、地方都市ではクルマやバイクや自転車になる 通勤地獄 から解放されると同時に通勤時間も短縮される。現在、日本の往復の通勤時間 (往復) の平均は1時間1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

24節季が見直しされる

天気予報を見ているとアナウンサーや気象予報士が 「今日は暦の上では○○で・・・・」 と語っているのを耳にする。この○○に入るのは 24節季 で、冬至や夏至、秋分や春分といったお馴染みなものから、清明 (せいめい)、芒種 (ぼうしゅ)、小満 (しょうまん) といったあまり聞き馴れないものまで含め、その名の通り24種類ある …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都人とお茶漬け

「ぶぶ漬け(お茶漬け)でもどうですえ~」。京都の知人宅でこう言われたら、長居のし過ぎだからお暇するのが礼儀とされる。それを知らない人が、お茶づけくらいなら気兼ねがないので、「いただきます」 なんて言ってしまった。すると豪華な会席料理が出され、すっかり恐縮してしまったそうだ。もちろんお返しも高くついた 京都を観光で訪れる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェイスブックと個人情報

スマートフォンの普及が進み、アプリを通じて個人情報が流出する騒ぎが相次いで報道された。個人情報を収集していた会社は次回のアプリ制作に活用するためだったと謝罪しているが、マトモに受け取る人はいないだろう こうした会社以上に大規模に個人情報を収集しているのが フィエスブック だ。フェイスブックの利用には実名での登録が義務付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人と西洋人の美意識の違い

ユニクロや楽天が海外展開を進めるため英語を社内の公用語にしている。揶揄するわけではないが、どんなに上手く話せても、中身が伴わないと相手にされないだろう。話すことと同様、書くことにおいても日本人と欧米人には違いがある。その際たる例が 段落、 パラグラフ の扱いにある 欧米の文書はパラグラフという文章の集まりである段落(節とも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師も成果主義の時代に

最近の日本の学生は内向き志向が強いとマスコミが批判的な論調で書いている。その例として留学する人数の減少を挙げている。だが留学にかかる経済的な負担については伝えない アメリカの大学の学費の平均は公立大学で年間・約70万円、私立大学で年間・約250万円かかる。これに生活費が加わるから経済的な負担はかなりなものになる。だからアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more