テーマ:仕事

監督は言うべきことを言うのが仕事

プロ野球の日本ハムは新監督に 新庄剛志 氏を指名しました。新庄新監督は就任の記者会見に派手な衣装で登場し、「優勝なんか目指しません」とか、監督と呼ばず「ビッグボス」と呼んでくれと語るなど、早くも人目を惹く言動を見せています。 新庄監督という人選にはファンや関係者の間で賛否両論があるようです。成績が低迷する中、チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白鵬を題材に社員教育を考える

7月の大相撲名古屋場所では横綱の白鵬が優勝しました。6連続休場した後の全勝優勝ですが、相変わらず世間の評判はあまり芳しくありません。立ち会いでの強烈な「かちあげ」や「張り手」は、強い横綱が何もそこまでしなくてもいいのにという思いを抱かせます。 勝つためには何でもするといったような取り口が受け入れられないのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き際の対処法

スズキ自動車の鈴木修会長(91)が退任されました。40年の長きに渡り、経営にあたってこられた方の勇退です。 役員は任期があるため、何度となく自らの「引き際」を意識します。そして会社員にとっての「引き際」と言えば、かつては定年退職でした。 しかし現在は定年の他にも、役職定年や退職後の再雇用、転職の日常化などにより、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独創性を育むポイント

世の中では在宅勤務をきっかけに仕事の見直しが進んでいます。感染騒ぎが収束しても、在宅でもできる仕事で、なおかつ手順が決まっているような作業に近い仕事や、あるいは定型的な業務は会社に戻さずにおこうとする動きが目立ちます。 そして、これを機に、そうした仕事は外注先に任せたり、クラウド上のソフトやアプリで自動化しまおうという傾向も見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在宅勤務のお供にクロームブック

コロナ禍のため自宅で仕事をする大人や勉強する子供たちが増え、パソコンが売れているようです。中でも売れているのが クロームブック というパソコンです。2020年の出荷台数は2019年に比べ10倍以上になり、2021年もおよそ8割増が見込まれています。今や国内ノートパソコン市場の4分の1を占める勢いです。 クロームブックとはOS(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野中郁次郎氏の提言

日経ビジネスの2020年9月14日号に一橋大学名誉教授の 野中郁次郎 氏のインタビュー記事が掲載されていた。個人的な備忘録を兼ねて要点をまとめておく。 野中郁次郎氏 1990年代の不動産バブルの崩壊から、かれこれ30年の長きに渡って「失われた時代」が続いている。野中郁次郎氏によれば、その原因は行き過ぎた分析主義に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more