テーマ:人事

会社が大嫌いな日本人への処方箋

今月の始め、東京・品川駅に掲載された広告が炎上騒ぎになりました。コンコースに設置された複数の大型ディスプレイに「今日の仕事は楽しみですか」というキャッチコピーを含む、一連のメッセージ広告が表示されたのです。 これに対し、ネット上では「見ていて不快」「人を傷つける」などの非難が殺到し、翌日に広告の掲載は中止されました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生産性を高めるために馬鹿になろう

2021年の10月から全ての都道府県の最低賃金が大幅に上がります。さらに今後は、同一労働・同一賃金の浸透やコロナ後に予想される人手不足により、さらなる賃金上昇は避けられないでしょう。 最低賃金制度についてのホームページ https://pc.saiteichingin.info/ 会社にとっての焦眉の急は生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引き際の対処法

スズキ自動車の鈴木修会長(91)が退任されました。40年の長きに渡り、経営にあたってこられた方の勇退です。 役員は任期があるため、何度となく自らの「引き際」を意識します。そして会社員にとっての「引き際」と言えば、かつては定年退職でした。 しかし現在は定年の他にも、役職定年や退職後の再雇用、転職の日常化などにより、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独創性を育むポイント

世の中では在宅勤務をきっかけに仕事の見直しが進んでいます。感染騒ぎが収束しても、在宅でもできる仕事で、なおかつ手順が決まっているような作業に近い仕事や、あるいは定型的な業務は会社に戻さずにおこうとする動きが目立ちます。 そして、これを機に、そうした仕事は外注先に任せたり、クラウド上のソフトやアプリで自動化しまおうという傾向も見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more