裁量労働制が拡大されると働き方はどう変わる

労働基準法は、実際に働いた時間とは別の時間を労働時間とみなす仕組みとして、専門業務型裁量労働制、企画業務型裁量労働制、事業場外労働に関するみなし労働時間制の3つを定めている 専門業務型は新製品の開発やシステムエンジニア、記事の取材・編集といった厚生労働省が指定する業務が対象になり、企画業務型は事業運営に関する企画、立案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然草  「高野証空上人 京へのぼりけるに」

徒然草 第106段は 「高野証空上人 京へのぼりけるに」。証空上人という僧が馬に乗って京都へ向かっていると、向こう側から馬に乗った女がやって来ます。そして、すれ違い際に事件が起ります。さて、その顛末はいかに 高野証空上人(しょうくうしょうにん) 京へのぼりけるに -------------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「枕草子」の歴史学  五味文彦・著

  「枕草子」の歴史学 世上に出回る媒体物の多くにはエッセイが掲載されている。書き手の身の周りで起きた事や見聞きしたこと、心模様などを自由な形式で書き記したものだ。コラムが意見や主張を述べ、時に押しつけがましくなるのに対し、エッセイはその内容をどのように受け止めるかを読者に委ねる。読み手の器次第で作品はいかようにも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッラク企業にならないために

最近は 「名ばかり管理職」 「派遣切り」 「パワハラ」 など人事に関する用語が世間を騒がすことが多くなった。これらに新しく仲間入りしたのが ブラック企業 だ。法律上の定義はないが、過酷な長時間労働で人材を使い捨てにする企業のことを指している。厚生労働省はブラック企業の疑いがある会社を重点的に立ち入り調査しているが、所轄の労働基準監督…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枕草子  『主殿司こそ』

枕草子 第45段は「主殿司こそ」。主殿司(とのもづかさ)は宮中で高貴な方の身の周りのお世話をする下級女官のこと。さて、清少納言は彼女たちをどのように観ていたのでしょうか 主殿司(とものづかさ)こそ --------------------------------------- 皇后や妃などが住む宮中奥向きの担当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初心者でも出来るコーチングとは

企業がコーチングを取り入れる際の方法としては、特定のコーチと専属契約をして、経営幹部や管理職が随時コーチを受けるというやり方と、役員や管理職がコーチングの研修を受け、実際の職務遂行時に社員や部下にコーチングを行うという選択がある。後者のやり方が一般的と言える 通常、コーチングは次のように進む。まず現状と望ましい状態を明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コーチングが注目される訳

あなたは社外の友人に仕事上の悩みを話をしているうちに、次になすべきことが見えてきた、という経験はないだろうか。この場合、社外の友人はコーチングをしていることになる コーチングとは会話を交わすことで、相手からアイデアを引き出したり、スキルや知識を身に付けさせ、目標達成に向けた行動を促すプロセスのことを言う。「コーチ」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『唐物の文化史』  河添房江・著

  唐物の文化史 終戦後、まだ日本が物質的に豊かでなかった頃、外国製品は舶来品と呼ばれ憧れの存在だった。経済的に豊かになった現在でも、外国製品は海外ブランド品として、ファッション、アクセサリー、雑貨小物類などでは根強い人気を得ている こうした日本人の外国製品への憧憬は昨日今日始まった話ではない。律令国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若手社員の早期離職を減らす対策

新入社員の早期離職問題が容易に解決しないことを予感させる調査結果がある。日本生産性本部は春と秋に 新入社員の意識調査 を行い、「今の会社に一生勤めようと思っている」 と回答する新入社員の割合の変化を調べている 2000年頃から、「今の会社に一生勤めようと思う」 とする回答は春も秋も増え続けていたが、2009年を境に秋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人には馴染めないヤードポンド法

経済のグローバル化やグローバル人材の育成といった言葉を耳にしない日はない。グローバル・スタンダードの本家といえばアメリカだが、そのアメリカ国内では奇妙なローカル・ルールが幅を利かせている。度量衡 とよばれるモノを測る単位のことだ 私たちがモノの長さを測る際はセンチやメートルを用い、重さはキログラム、容量はリットルといっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経営指標でわかる新入社員の離職問題

新入社員が早期に離職する問題は 「7・5・3」 として知られている。就職後、3年以内に離職する割合が中学卒業者は7割、高卒は5割、大卒は3割に達することから、こう称される。最近はブラック企業を判断する目安にもされるため、会社側も改善に取り組んでいる。その甲斐あって、この数字は年々低下しているが、それでも平成22年3月に卒業した人を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『日本の血脈』  石井妙子・著

   日本の血脈 冠婚葬祭になると身内、親類縁者が顔を揃えることになる。そうした席では嫌でも自らの血縁を意識することになる。人間は社会的な生き物だから、生まれて最初に接する社会集団である家族・家系から多大な影響を受ける。それは時に人格やその後の行動規範の形成に至ることもある 人物評伝で優れた作品を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部下と関わる際のリーダーシップがわかる本

前回 人と仕事のマネジメント で触れたように、管理職は部下と話し合い目標を設定したら、その達成に向けて部下に関わることになる。その際、どのように関わればよいのかを教えてくれるのが、1分間リーダーシップ という本だ。この本では、「状況対応型リーダーシップ」 という考え方を用い、部下との効果的な関わり方を解説している リー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の家紋と西洋の紋章

スポーツの個人競技と団体競技の違いはユニフォーム着用の有無にある。団体競技では選手たちはお揃いユニフォームを着る。チームとしての一体感を高めるためと、競技中に敵・味方を峻別するためだ。このユニフォームと同じ役割を果たすのが 家紋 だ。同じ家紋を使う者同士は、同じ一族であることを示す 家紋が使われだしたのは平安時代の後期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人と仕事のマネジメントがわかる本

管理職の最も重要な仕事は組織・チームを率いて目標を達成すること、そして部下の育成だ。これらは仕事と人材のマネジメントと言える。だが、現在、多くの管理職はプレイング・マネージャーであり、昇進前のプレーヤーの仕事に新しい役割が加わっただけで、マネジメントに費やす時間がほとんどない。またマネジメントを学ぶ機会は管理職昇進時に行われる研修だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紛らわしい休日出勤と休日労働

前回、残業と時間外労働の違いについて触れたが、休日出勤と休日労働を巡っても、世間と法律の間には認識のズレがある。一般的には会社が休みの日に仕事をすれば休日出勤で、休日労働になると思われている。だが、労働基準法では使用者は毎週少なくとも1回の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならないと定め、この日が法律上の休日=法定休…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『世界を変えた17の方程式』 イアン スチュアート・著

  世界を変えた17の方程式 小学校で学ぶ算数の知識は大人になっても身近で欠かせないものだ。加減乗除や百分率を理解していないと、ビジネスはもちろん日常生活にも支障をきたす。しかし、中学・高校と進学し算数が数学に変わると、俄かに実用から遠ざかり、縁遠い存在になる。その典型が方程式だ。文系の人の大半は、方程式を解くこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間違えやすい残業と時間外労働

役所や行政機関の窓口で担当者と話をすると、何か話がかみ合わないという経験をもたれた方も多いだろう。その原因の一つは、彼らが使う法律用語が世間一般の理解や認識とズレがあるためだ。その一例が 残業 と 時間外労働 だ。労働行政の役所の担当者は 「時間外労働をさせると割増賃金の支払いが必要になる」 と話すが、「残業させると割増賃金の支払い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンギス・ハーンの墓はどこにある

日本の古代史で最もミステリアスなのは邪馬台国の場所と女王・卑弥呼の墓のありかだろう。一方、世界に目を転じると、モンゴル帝国の創始者であるチンギス・ハーンの墓所もわかっていない チンギス・ハーンの墓地がわからない理由は、埋葬に携わった人、葬列や葬儀を目撃した人はすべて殺され、埋葬された場所は騎兵隊によって踏み固められ、人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徒然草  『荒れたる宿の人目なきに』

徒然草・第104段は「荒れたる宿の人目なきに」。荒れ果てた一軒の家にいわくありげなな女性が住んでいます。そこへ一人の男が訪ねてきます。女性の身の上に何が起きたのか、2人はどういった関係なのか、兼好法師が好ましいとする人物と情景が描かれています 荒れたる宿の 人目なきに --------------------…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more