部下を育てる一つの方法


例年この時期は、多くの職場で新米管理職が誕生します。管理職になると新たに人を育てるという仕事が課せられます。人を育てるには部下に仕事を任せる、いわゆる権限の移譲が必要です。しかし実際に部下に仕事を任せるとなると、「任せて本当に大丈夫だろうか」といった不安や迷いが生じ、権限の委譲に二の足を踏みがちです。


こうした時、経営の神様と言われた松下幸之助さんは60点ぐらいの力があれば、「君、この仕事をやってくれ」と言って、部下に仕事を任せていました。そして部下の実力や能力以上に重視したのが熱意です。熱意のない人の能力は増すことはないが、熱意があれば人の能力は熱意に比例して伸びてゆくという考えでした。


では60点という力を見極めるにはどうすれば良いのでしょう。それは意外に簡単で、仕事を任せるかどうか迷った時は、部下には60点前後の力はあるということです。60点の力がなければ、迷う前に「まだムリだ」と判断して、迷うことはありません。任せるかどうか迷った時は、熱意があれば思い切って任せてみればよいのではないでしょうか。


松下幸之助さんによれば、こうして仕事を任せていくと、6人いれば3人は上手くいき、残りの3人のうち2人はそこそこで、1人は失敗するそうです。そして失敗した部下には、「君は失敗したから、私が手伝おう」と言って、自分なりに気付いた点に注意してフォローしていくそうです。


それで上手く人もいれば、やっぱりダメな人もいる。ダメだったらさらに原因がどこにあるのかを探す。そんな事を繰り返していると、だいたい70点ぐらいの経営上の成果が継続的に上がってくるようになると語っています。


経営も人材育成も100%を求めず、諦めずに続ける姿勢が大切なのかもしれません。








ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック