「AI vs 教科書が読めない子どもたち」  新井紀子・著


人は自分が携わっている仕事について、世の中が間違った理解をしていると憤慨するものです。著者も本書において、怒りの矛先をAI(人工知能)に対する世間の過大な評価に向けています。AIが神になることはないし、人類を滅ぼすこともない、またAIが人間の手を借りず自らを上回る能力を獲得するという シンギュラリティ (技術的特異点)は来ないと断言します。著者はAIを東京大学に合格させる「東ロボプロジェクト」の責任者だけに説得力があります。


また著者は日本の教育行政に関わる人たちにも怒りの矛先を向けています。子供たちの実態を見ずに一体何をしているのかと言わんばかりです。著者は今、起ころうとしていること、すなわちAIの実像と中高生の読解力を社会に伝えるため、本書を書き上げました。



AI vs 教科書が読めない子どもたちの表紙

AI vs 教科書が読めない子どもたち
(↑立ち読みできます)



本書では前半で、AIの進化の歴史や東ロボプロジェクトなどをに触れながら、AIの基本的な仕組みが解説されます。AIの開発で壁になるフレームの問題や、人間が作る教師データ、何かと話題になるビッグデータ、ディープラーニング、強化学習なども取り上げられます。


著者によれば、AIにまつわる世間の誤解の一つはAIとAI技術を混同していることにあります。AI技術とは音声認識、画像処理、情報検索、文字認識といった技術であり、このAI技術と、人間と同様の知能を持つAIは全く別物です。


現在のAI技術が行っているのは、論理計算と確率、そして統計処理という3つの計算だけです。人間の脳内でのすべての活動を計算式に翻訳することは出来ないため、AIは人間の能力を超えることはできません。その事を明らかにするため、著者は「ロボットは東大に入れるか」というプロジェクトを立ち上げます。本書では実際に「東ロボ」が入試問題を解く過程が描かれており、AIがどのような計算を行っているのかが、文系の読者でもわかるようになっています。


AIは一つのことを学ぶのに膨大な人間の作業を要し、応用が効かず、柔軟性がなく、決められた前提の下でしか計算が出来ません。そして決定的な弱点は、問題文である文章の意味が理解できないことです。AIには自然言語処理において超えられない大きな壁があり、このためAIは人間に取って代わることはできないし、人間の仕事を全て奪うこともありません。


ではAIが会社に導入されても、私たちの将来や今後の仕事は安泰なのかと言えば、そうではないことが本書の後半で明らかにされます。AIに代替されないための決め手になるはずの読解力が中高生の子供たちの間で著しく不足しているのです。


著者は大学生の読解と推論の力が欠けているのではないかという仮説を検証するため、基礎的な読解力を調べるリーディングスキルテスト(RST)を開発し、全国25000人の中高生たちを対象に調査を行います。本書ではこのテスト問題の一部と共に、その結果が詳しく紹介されています。


生徒たちはAIにもこなせる「係り受け」や「照応」の問題では高い正答率を示すものの、AIが苦手な「同義文判定」や、AIでは不可能とされる「推論」「イメージ同定」「具体的同定」では正答率が低い結果になりました。中学卒業時に約3割の生徒は問題文を表層的に理解することさえ出来ず、学力が中位程度の高校でも約半数の生徒たちは問題文の内容を理解する読解力を持ち合わせていませんでした。成績の差は、問題文は何を述べて、何を問うているのかという、文章を読んで正しく理解する力の差にあったのです。


このまま現在の中高生たちが社会に出て、果たしてすでに大学進学希望者の上位20%に入る能力を得ているAIがこなせない仕事が担えるのか、著者は大きな危機感を抱き、関係者に広く警鐘を鳴らします。少なくとも中学を卒業するまでに教科書に書かれている内容が理解できるようにすることが喫緊の課題ではないのかと。


著者の描く近い将来の世の中は決してバラ色ではありません。その責めの全てを適切な教育を受けられなかった子供たちに背負わせるのは酷な話です。そうならないために、著者は読解力を伸ばすために何をすれば良いのかを科学的に検証する試みを始めています。またすでに社会人となっている大人にも光明はあります。著者は読解力はいくつになっても向上させることができるという仮説を抱いています。研究の成果が待たれるところです。



「AI vs 教科書が読めない子どもたち」
新井紀子・著 東洋経済新報社刊 税別1500円





ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック