『不合理だらけの日本スポーツ界』  河田剛・著


昨今は日本のプロ野球選手が大リーグへ移籍するのは珍しくなくなりました。なぜ彼らはメジャーリーグを目指すのでしょう。一つは野球の本場で自分の力を試してみたいというスポーツ選手としての気持ちです。そしてもう一つは報酬の魅力でしょう。



アメリカでは野球以外のフットボールやバスケットボールといったスポーツでも、選手はもちろん、監督やコーチの報酬も文字通り桁が違います。また総じて練習時間は短く、アスリートたちは複数のスポーツをするのが一般的です。それにも関わらずアメリカはオリンピックになると日本を上回る数のメダルを獲得します。



会社に例えれば、アメリカ人は副業でいくつもの会社に勤め、働く時間は短いにも関わらず、年収は日本人の数倍から数十倍も得ていることになります。経済規模の違いや国土の広さ、人口の多さを考慮しても、日本との差はあまりにも大きいと言えます。日本のスポーツ界には何か構造的な問題があるのではないかと思わざるを得ません。



この問題の答えを教えてくれるのが、日本人でアメリカのプロフットボールNFL (National Football League) に最も近い存在と言われる著者です。日本でアメリカンフットボールの選手だった著者は、コーチとしてアメリカに渡り、アメリカのスポーツ界の実像をつぶさに観察・体験しています。そして自らの経験を多くの人たちと共有する事で、日本のスポーツ文化の発展に対する問題提起としたいと記しています。




画像
 不合理だらけの日本スポーツ界
  「体育会系」では、もう勝てない!
    (立ち読みできます)




本書の冒頭では日本とアメリカのプレーや練習、スポーツに対する取り組み方の違いをいくつか取り上げています。これらの事例から見えてくるのは、合理的な手法で勝利を求めていくアメリカに対し、日本では摩訶不思議なルールや社会通念がまかり通り、勝利に直結しないルールや行動が多いことです。



そしてアメリカのスポーツ界にあり、日本にないものは、お金が集まり、流れていく仕組みや仕掛け、マーケティングです。本書ではその具体例としてカレッジスポーツにおけるNCAA(全米大学体育協会)、指導者養成システム、スポーツ医療、メディアリレーション、引退後の選手のセカンドキャリア支援体制、選手の生活全般をサポートするエージェントなどを取り上げています。日本のスポーツ界にはこうしたインフラがないため、せっかく優れたコンテンツ(選手、プレー、チーム、リーグ、大会など)がありながら、その価値を高めることができず、結果として低い収益に甘んじているのです。



これらから見えてくるのは、日本人の長所である勤勉性や個人よりも組織・チームを大切にする姿勢が、残念ながらスポーツにおいてはマイナスになっていることです。一方のアメリカでは合理性の下で効率が重視され、一人ひとりの個人がその人の人生も含めて尊重されています。よく日本企業は人を大切にするが、アメリカ企業は冷酷無慈悲に社員を簡単に解雇すると思われがちです。しかし、少なくともアメリカのスポーツ界は逆で、個人が組織やチームのために犠牲を強いられることはありません。



著者はアメリカ式を万能として捉え、単純にそれを受け入れるのではなく、日本の歴史や風土、文化の良さを踏まえ、アメリカの良い点を取り入れる事を訴えます。そして東京でのオリンピックを控え、今からできる提案を行っています。



スポーツ界での日米の違いはビジネスにも通じるものがあります。働き方の違いの背景にあるもの、そして人を大切にするという事の本当の意味は何かを考える上でも多くのヒントが詰まっています。



「不合理だらけの日本スポーツ界」
河田剛・著 ディスカヴァー携書
税別1000円







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック