徒然草  『荒れたる宿の人目なきに』


徒然草・第104段は「荒れたる宿の人目なきに」。荒れ果てた一軒の家にいわくありげなな女性が住んでいます。そこへ一人の男が訪ねてきます。女性の身の上に何が起きたのか、2人はどういった関係なのか、兼好法師が好ましいとする人物と情景が描かれています






荒れたる宿の 人目なきに
----------------------------
荒れ果てた家で、訪ねる人もない所に



女の はばかる事あるころにて
-------------------------
ある女が、はばかる理由があって



つれづれと籠(こも)り居たるを
-----------------------
所在無く閉じこもっていたのを



或(ある)人 とぶらい給わんとて
-------------------------
ある人が、訪問なさろうというので



夕月夜(ゆふづくよ)の おぼつかなきほどに
----------------------------------
夕月のおぼろげな時刻に



忍びて尋ねおはしたるに
--------------------------
密かに訪ねておいでになったところ



犬の ことことしく とがむれば
---------------------------------------
飼われている犬が、やかましく、怪しんで吠えるので



下衆女の出てで 「いづくよりよりぞ」 と言うに
-------------------------------------------------
召し使いの女が出てきて、「どちらの方でございますか」 と尋ねる



やがて案内(あない)せさせて入り給いぬ
---------------------------------
そのまま召し使いの女に取り次ぎをさせて、
そのお方はお入りになった



心細げなる有様 いかで過ぐすらんと いと心苦し
-------------------------------------------------
(家の様子は)心細げな有様で、どうやって暮らしているのだろうと
とても心苦しく思われる



あやしき板敷に しばし立ち給えるを
-----------------------------
粗末な板敷きに、しばらく立っていると



もて静めたる気配の 若やかなるして
-----------------------------
静かに落ち着かせる、若々しい声で



「こなた」 と言う人あれば
----------------------
「こちらへ」 という人があるので



立て開け所狭げなる遣戸(やりど)よりぞ 入り給いぬ
----------------------------------------
開け閉めも窮屈そうな引き戸から、お入りになった



内のさまは いたくすさまじからず
------------------------------------------
部屋の中の様子は、それほど荒れ果てた様子ではなく



心にくく 火はあなたに ほのかなれど
------------------------------------
奥ゆかしく、ともし火は部屋の向こう側にあって、
ほんのりと明るいほどで



もののきら(綺羅)など見えて
----------------------------
周囲にあるものの美しさなどが見えて



俄かにしもあらぬ匂い
--------------------------
来客のため急に焚いた香の匂いが



いとなつかしう住みなしたり
---------------------------------
とても懐かしく思えるように、住まわれている



「門(かど)よく 挿してよ 雨もぞ降る
-----------------------------------
(召し使いの女が)「門にしっかりカギをかけて、
雨が降るかもしれない



御車(みぐるま)は門(かど)の下に
--------------------------
客人の牛車は門の下に



御供の人は そこそこに」 と言えば
--------------------------
お供の人は、どこそこに」 と言えば



「今宵ぞ 安き寝(い)は寝(ぬ)べかめる」 と
---------------------------------
今宵こそは、ゆっくり眠れそうだ」 と(※)

 ※ 客が主人の相手をしてくれるため



うちささめくも 忍びたれど
-----------------------
ささやき合う声も、忍びがちだが



程なければ ほの聞(きこ)ゆ
-------------------------
近くなので、かすかに聞こえてくる



さて、このほどの事ども細やかに聞え給うに
---------------------------------------
さて、この間からの事を情けを込めて申されるうちに



夜深き鳥も鳴きぬ
---------------------
夜中の一番鶏も鳴いてしまう



来(こ)しかた 行末かけて
---------------------------
これまでの事や、これから先の事を



まめやかなる御物語に
---------------------
真面目なお話をされるうちに



このたびは鳥も はなやかなる声にうちしきれば
------------------------------------
今度は鶏も、高い声でしきりに鳴くので



明けはなるるにやと聞き給えど
-------------------------------------
すっかり夜が明けたのであろうと、お聞きになるが



夜深く急ぐべき所のさまにもあらねば
---------------------------------------------
夜が開けきらぬうちに急がねばならない場所柄でもないので



少したゆみ給えるに
----------------------
少しゆっくりなさっているうちに



隙(ひま)白くなれば 忘れがたき事など言いて
-------------------------------------------------------
扉の隙間が明るくなってきたので、(かつて)忘れられない事などを言って



立ち出(い)で給うに
---------------
お出かけになる時に



梢(こずえ)も庭も 珍しく
-------------------
梢も庭も、清新で



青みわたりたる卯月(うづき)ばかりのあけぼのの
--------------------------------------
青々と一面にわたっている4月のころの明け方の



艶(えん)に おかしかりしを思(おぼ)し出(い)でて
---------------------------------------
優美で、趣のあったのを思いだされて



桂の木の大きなるが隠るるまで
-------------------------
桂の木の大きいのが隠れるまで



今も見送り給うとぞ
---------------------------------
今もその方は振り返りになるという事である






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック