徒然草  「大覚寺殿にて」


徒然草 第103段は「大覚寺殿にて」。兼好法師は前段、前々段において、身分は低くても優雅な振る舞いをする人物を賞賛しているのに対し、この段では身分が高いにも関わらず不躾な振る舞いをする人たちに批判の目を向けています





大覚寺殿にて 近習の人ども
---------------------------------------
後宇多上皇の御所にて、お側に仕える人たちが



なぞなぞを作りて 解かれける処へ
---------------------------------------
なぞなそを作って、これを解いておられた場所へ



医師(くすし)忠守(ただもり) 参りたりけるに
------------------------------------
医師の忠守が、参上したところ



侍従大納言公明(きんあきら)卿
--------------------------
権大納言・西園寺公明殿が



「我が朝の者とも見えぬ忠守かな」 と
----------------------------------
「わが国の者とも見えない忠守よ」 と(※)

 ※ 医師・忠守の祖先は中国からの帰化人



なぞなぞに せられにけるを
-----------------------
なぞなぞの題にされたのを



「唐瓶子(からへいじ)」 と解きて 笑いあわれければ
----------------------------------------------------
(側近の一人が)「中国風の徳利」 と解いて、笑い合われたので



腹立ちて 退(まか)り出(い)でにけり
--------------------------------
(忠守は)腹を立て、退出されてしまった








ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック