徒然草  「尹大納言 光忠入道」


徒然草、第102段は「尹大納言 光忠入道」。兼好法師が高く評価したのは身分や地位ではなく、有職故実に通じていることでした






尹(いん)大納言 光忠(みつただ)入道
--------------------------------
弾正尹(※)大納言 源光忠入道は

 ※ 法違反や風俗を取り締まった役所



追儺(ついな)の上卿(しょうけい)を つとめられけるに
--------------------------------------------
大晦日に宮中で行われた鬼払いの儀式で、
 その執行責任者をお勤めになった際



洞院(とういん)右大臣殿に
-------------------------------------
洞院右大臣・藤原実泰(または藤原公賢)様に



次第を申し請けられければ
----------------------------------
儀式の順序について教えを請われたところ



「又五郎男を師とするより外の才覚候わじ」 とぞ のたまいける
----------------------------------------------------
「又五郎を師匠とするより他のよい知恵はありますまい」 と、
 仰せになった



かの又五郎は 老いたる衛士(えじ)の
-------------------------------
その又五郎は、年老いた衛士(※)で

 ※ 宮中の諸門を警備し、かがり火をたくのが役目



よく公事(くじ)になれたる者にてぞありける
-----------------------------------
宮中の儀式によく通じている者なのであった



近衛殿 着陣し給いける時
-------------------------------
近衛殿が、儀式の際に着席なさった時



軾(ひざつき)を忘れて
--------------------------------
膝付く際に敷く半畳ほどの敷物を忘れて



外記(げき)を召されければ
--------------------------
外記(※)をお呼びになったところ

 ※ 太政官の役人で、詔勅(しょうちょく)を正し、
    上奏文を起草し、宮中儀式を司る



火たきて候いけるが
-----------------------------
(又五郎は)火を焚いて控えていたが



「先(ま)づ 軾(ひざつき)を召さるべくや候ふらん」 と
------------------------------------------------------
「まず先に敷物をお取り寄せになるのがよろしゅうございましょう」 と



しのびやかに つぶやきける
-----------------------
そっと、つぶやいたのは



いとおかしかりけり
------------------------
とても、おもしろいことであった








ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック