徒然草  「ある人 任大臣の節会の内弁を勤められけるに」


徒然草 第101段は「ある人 任大臣の節会の内弁を勤められけるに」。過去に例のない大失態となりそうな方のピンチを救ったエピソードです






ある人 任大臣の節会(せちえ ※) の内弁を勤められけるに
-------------------------------------------------------
ある人が、大臣就任の酒宴の席の進行役をお勤めになっていたとき



内記(ないき) の持ちたる宣命(せんみょう) を取らずして
-------------------------------------------------------
中務省の役人が持っている帝の勅を伝える文書を受け取らないまま



堂上(とうしょう) せられにけり
-----------------------
紫宸殿にお上がりになった



決まりなき失礼(しちらい) なれども
----------------------------
この上ない失態であるが



立ち帰り取るべきにもあらず
-----------------------------------
引き返して宣命を受け取るわけにもいかず



思いわずらわれけるに
-------------------------
思い悩んでおいでになった際に



六位外記(げき) 康綱(やすつな)
--------------------------
六位の外記(※) の中原康綱が

 ※太政官の役人で、詔勅(しょうちょく)を正し、
   上奏文を起草し、宮中儀式を司る



衣(きぬ) かづきの女房を語らいて
--------------------------------
単衣の小袖を被った女官に頼み込んで



かの宣命を持たせて
-----------------
その宣命を持たせて



忍びやかに奉らせけり
---------------------------------
こっそりその方(=内弁) に差し上げさせた



いみじかりけり
---------------------
実にすばらしい行いだった






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック