徒然草  「久我相国は」


徒然草、第100段は「久我相国は」。古くからの作法やしきたりを重視する兼好法師の姿勢が伺えます






久我相国は
---------------------
太政大臣の久我様 (※) は

 ※ 久我 (こが) 通光 (みちてる) のこと



殿上にて 水を召しけるに
---------------------------------------
清涼殿の殿上の間にて、水を召し上がったときに



主殿司 (とのもづかさ)
------------------------
宮中の雑事を担当する女官が



土器 (かはらけ) を奉りければ
-------------------------
素焼きの器を差し出したところ



「まがりを参らせよ」 とて
-------------------------------------
久我太政大臣は、「木製の椀にせよ」 と言って



まがりしてぞ召しける
---------------------------
木製の椀で水をお上がりになった







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック