徒然草 「尊き聖の言い置きける事を書き付けて」


徒然草・第98段は「尊き聖の言い置きける事を書き付けて」。兼好法師は仏教の法話が書かれた本の内容を思い出しながら、この段を書き綴っています。これは心穏やかに過ごす要諦といえそうです






尊き聖の言い置きける事を書き付けて
----------------------------------------
尊い僧たちが言い残しておいた事を書きとどめて



一言芳談とかや名づけたる草子を見侍りしに
-------------------------------------------------
一言芳談(いちごんほうだん)とか名づけてある草子(※)を
 見ました際に

 ※ 浄土宗の法話が収録されている本



心に合いて覚えし事ども
--------------------------------------------
心に響いてなるほどと思われたいくつかの事(を記す)



一.しやせまし せずやあらましと思う事は
----------------------------------
したものか、しないでおこうかと思う事は



おほやうは せぬはよきなり
------------------------------
大抵は、しないほうがよいものである



一.後世(ごせ) を思わん者は
--------------------------
来世での往生を願うような者は



糂汰瓶(じんだがめ) 一つも持つまじきことなり
-----------------------------------------
ぬかみそ瓶の一つも持ってはならないことである



持経(じきょう)・本尊に至るまで
-----------------------------------------------
わが身離さず持ち歩いているお経や守り本尊に至るまで



よき物を持つ よしなき事なり
----------------------------------
立派な物を持つことは、よくない事である



一.遁世者(とんせいじゃ) は 無きに事欠けぬようを
--------------------------------------------------
出家し遁世した人は、物がなくても不自由しないような方法を
 


計らいて過ぐる 最上のようにてあるなり
-----------------------------------
心がけて暮らすのが、最上のようである



一.上﨟(じょうろう) は下﨟(げろう) になり
---------------------------------------
年功を積んだ上位の僧は下位の僧の心になり、



智者は愚者になり
--------------------------------
知恵のある者は愚か者の立場に立ち、



徳人は貧に成り
----------------------------
徳のある人は貧しき人の心となり、



能ある人は無能になるべきなり
----------------------------------------
能力のある人は無能の人の身になるべきである



一.仏道を願うというは別(べち) の事なし
-----------------------------------
仏道を願うことは特別の事ではない



いとまある身になりて
------------------
時間のある身になって



世の事を心にかけぬを第一の道とす
-----------------------------------------
世俗の事を心にかけないのを一番大切な道とする



この外(ほか) もありし事ども 覚えず
------------------------------------
この他にもいろいろあったが、覚えていない







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック