徒然草  「箱のくりかたに緒をつくる事」


徒然草、第95段は「箱のくりかたに緒をつくる事」。古きよき時代の習慣・風習を重んじる兼好法師が作法の一つについて語ります





「箱のくりかたに緒をつくる事
------------------------------
「箱の刳り形(※)に、ひもを付けるには

 ※ 手箱や文箱の蓋の両側に円形や山形などの
    デザインでくりぬかれた箇所



いづかたにつけ侍るべきぞ」 と
------------------------------
左右いずれに付けるものでしょうか」 と



ある有職(ゆうそく)の人に尋ね申し侍りしかば
-----------------------------------------------
ある朝廷の礼儀作法に明るい人にお尋ね申し上げたところ



「軸につけ 表紙につくる事
------------------------------
「巻物の軸のように左側に付ける説と、
 表紙のように右側に付ける説と



両説なれば いづれも難なし
----------------------------------
2つの説があるから、どちらでも問題はない



文の箱は 多くは右につく
------------------------------------
書状を入れる箱は、多くの場合右側に付ける



手箱には軸につくるも常の事なり」 と仰せられき
--------------------------------------
手回りの品を入れる箱には左側に付けるのも
 普通の事である」 と仰せられた






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック