徒然草  「常盤井相国出仕し給いけるに」


徒然草 第94段は「常盤井相国出仕し給いけるに」。礼儀作法を知らない武士を咎める太政大臣のエピソードです






常盤井(ときわい)相国(しょうこく) 出仕し給いけるに
--------------------------------------------
常盤井の太政大臣(※)が、出仕なさった時に

 ※ 西園寺実氏(さねうじ)のこと。京極常盤井に屋敷があった



勅書(しょくしょ)を持ちたる北面会い奉りて
-----------------------------------
勅命をしたためた文書(※1)を持っていた
 北面の武士(※)がお会い申して

 ※1 ここでは上皇の命が書かれた文書のこと

 ※2 御所の警備にあたる



馬より降りたりけるを
--------------------
馬より降りてしまったので



相国 後に 「北面なにがしは
------------------------------
相国は、後に、「北面の武士の何某は



勅書を持ちながら下馬し侍りし者なり
---------------------------------------
勅書を持ちながら下馬致しました者でございます



かほどの者 いかでか君に仕うまつり候ふべき」 と申されければ
-------------------------------------------------------
この程度の者が、どうして君主にお仕えできましょう」 と申されたので



北面を放たれにけり
--------------------------------
この北面の武士を解任されてしまわれた



勅書を馬の上ながら捧げて見せ奉るべし
--------------------------------------
勅命の文書は自分は馬上にいながら
 太政大臣の差し上げてお見せ申すものであり



降るべからずとぞ
-----------------------------------
自らは馬から降りてはならぬということである







この段のお話は現在に則していえば、来賓の代理で来られたお客様は上座にお座りいただくのと同じと考えるとわかりやすいでしょう。常盤井の相国・西園寺実氏は兼好法師が生まれる前の鎌倉中期の人です。つまり兼好法師は今の世と一世代前の時代を比べ、当時はこうした過ちを問いただす人がいたことを指摘していることになります









ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック