徒然草  「牛を売る者あり」


徒然草 第93段は「牛を売る者あり」。売ろうとしていた牛が死んでしまったことを巡って交わされるエピソードです。兼好法師が伝えたかったことは一体何だったのでしょう





「牛を売る者あり 買う人
-------------------------------------
「牛を売ろうとする者がいる、買おうとする人が



明日その値(あたい)をやりて 牛を取らんと言う
--------------------------------------
明日、その代金を払って、牛を受け取ろうと言う



夜(よ)の間(ま)に 牛死ぬ
-------------------------
その夜の間に、牛が死んでしまう



買わんとする人に利あり
------------------------
買おうとする人が得をして(※)

 ※ すぐ死ぬ牛を買わずに済んだため



売らんとする人に損あり」 と語る人あり
---------------------------------
売ろうとした人は損をした」 と語る人がいる



これを聞きて かたえなる者の言わく
------------------------------
これを聞いて、そばにいる人が言うには



「牛の主(ぬし) 誠に損ありと言えども
----------------------------------
「牛の持ち主は、確かに損をしたと言えるが



また大きなる利あり
---------------
また大きな得もした



その故は 生(しょう)あるもの
-----------------------
その訳は、命のあるものは



死の近き事を知らざる事 牛 既にしかなり
----------------------------------
死が近い事を知らないという点では、
 牛がすっかり示した通りである



人 また同じ
--------------
人もまた同じである



はからざるに牛は死に はからざるに主(ぬし)は存ぜり
----------------------------------------------
思いもかけず牛は死に、思いもかけず持ち主は生きている



一日の命 万金(ばんきん)よりも重し
-------------------------------
一日の命は、万金よりも重い価値がある



牛の値 鵝毛(がもう)より軽(かろ)し
------------------------------------------
死んでしまった牛の価値は、ガチョウの羽毛よりも軽い



万金(ばんきん)を得て 一銭を失わん人
-------------------------------
万金を得て、一銭を失うような人が



損ありと言うべからず」 と言うに 
------------------------------
損をしたと言うことはできない」 と言うと



皆 人 嘲(あざけ)りて
-------------------
周りの人はみんな嘲って



「その理(ことわり)は 牛の主に限るべからず」 と言う
--------------------------------------------
「その理屈は、牛の持ち主に限ったことではない」 と言う



また言わく 「されば 人 死を憎まば 生(しょう)を愛すべし
-----------------------------------------------------
するとまた、その人はこう言う 「だから、人は死を憎むのであれば、
 生きている命を愛おしむべきだ



存命(ぞんめい)の喜び 日々に楽しまざらんや
-------------------------------------------------
命をつないでいる喜びを、日々楽しまないでよいものだろうか



愚かなる人 この楽しびを忘れて
----------------------------
愚かなる人が、この楽しみを忘れて



いたづがはしく 外(ほか)の楽しびを求め
------------------------------------
いたずらに苦労をして、他の楽しみ(※)を求め

 ※ 生きている楽しみではなく、外的な名利や金銭などの楽しみ



この財(たから)を忘れて 危うく他の財(たから)をむさぼるには
----------------------------------------------------
生きているという宝を忘れて、危なっかしく他の宝をむさぼるならば



志(こころざし) 満つ事なし
---------------------
志は満たされる事がない



生ける間 生(しょう)を楽しまずして
------------------------------------
生きている間に、命のあることを楽しまずして



死に臨みて死を恐れば
---------------------------
死に際して、死を恐れるのであれば



この理(ことわり)あるべからず
--------------------------
この道理はありえないものである



人 皆 生(しょう)を楽しまざるは 死を恐れざる故なり
-------------------------------------------------
人は皆、命あることを楽しまないのは、死を恐れないが故である



死を恐れざるにはあらず 死の近き事を忘るるなり
------------------------------------------------
死を恐れないのではなく、死の近い事を忘れているからである



もし又 生死(しょうじ)の相(そう)に与(あず)からずと言わば
------------------------------------------------
もし、また生死といった形相に関与しないと言うならば



実(まこと)の理(ことわり)を得たりと言うべし」 と言うに
-------------------------------------------
真の道理を得ていると言うことができよう」 と言うと



人いよいよ嘲(あざ)ける
-------------------
周りの人はさらに嘲った







売ろうとしていた牛が死んでしまって、周りの人は大損をしたなぁ、と語り合っていると、そばにいた人が、牛は死んでも自分は生きているのだから、損をしたとは言えないという主張を始める。死がいつ来るかは誰にもわからない、だから今日生きていることは万金より大きな価値があるという



それを聞いた人たちは、それは牛の持ち主に限った話じゃない、と反論する。すると、生きていることを喜ばずに、さらに他にあれこれ楽しむを求めようとするのは、死を恐れていない人の振る舞いであるとし、そうした人は真理を極めており、死を目前にしても動揺などすることはない。だが、あなたたちはそうではあるまいと語る。これを聞いた人たちはさらに大笑いする



牛が死んで損をしたと思った人たちは現実を生きており、生きるためには生計を立てる必要があり、それなくして生きることはできない。一方の理想に生きる人はいつ死ぬかわからないのだから、生きているだけで価値があると唱える。両者の主張はいつまでもかみ合うことがない



困難な状況に置かれた人に、「生きているだけでいいじゃないですか」、と語りかけ、困った人が悟りを得るか、何らかの宝を望むのか、心の持ちよう次第でその後は大きく違ってくる、兼好法師はそんな事を伝えたかったのかもしれない






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック