徒然草  「ある人 弓射る事を習うに」


徒然草の第92段は、「ある人 弓射る事を習うに」。この段はとても有名なお話なので、学校で習ったという方も多いのではないでしょうか。今という一瞬を生きるという事の大切さを教えてくれます





ある人 弓射る事を習うに
-----------------------
ある人が弓を射る事を習うのに



もろ矢をたばさみて 的に向かう
------------------------------
2本の矢を手にはさんで、的に向かった



師の言わく 「初心の人 ふたつの矢を持つ事なかれ
------------------------------------------------
弓の師匠が言うに、「初心者は、2本の矢を持ってはならない



後の矢を頼みて はじめの矢に等閑(なおざり)の心あり
---------------------------------------------------------
2本目の矢をあてにして、1本目の矢を射るに際におろそかな心が生じる



毎度ただ得失なく この一矢に定むべしと思え」 と言う
------------------------------------------
いつも矢を射る際は、だた当たりはずれを考ず
 この矢で決めようと思え」 と言う



わずかに二つの矢
--------------------------
たった2本しかない矢のことである



師の前にて ひとつをおろそかにせんと思わんや
--------------------------------------------
師匠の前で、その1本をおろそかにしようと思うであろうか



懈怠(けたい)の心 自ら知らずといえども
-------------------------------------
怠け心というものは、自分では気がつかなくても



師これを知る
--------------
師匠にはよくわかる



この戒(いまし)め 万事にわたるべし
------------------------------------
この戒めは、すべてのことに通じるものがある



道を学(がく)する人
---------------
道を学ぶ人は



夕べには朝(あした)あらん事を思い
----------------------------
夕方には朝があるだろうと思い



朝(あした)には夕あらんことを思いて
-----------------------------
朝には夕方があるだろうと思って



重ねてねんごろに修(しゅう)せんことを期(ご)す
---------------------------------------
その時にもう一度、念を入れて修行しようと期する



況(いわ)んや 一刹那(せつな)のうちにおいて
------------------------------------
(そんな人が)ましてや、一瞬の内において



懈怠(けたい)の心ある事を知らんや
----------------------------
怠け心のある事を知ることがあろうか



なんぞ ただ今の一念において
----------------------------
いかに、だた現在の一瞬間において



直ちにする事の甚(はなは)だ難(かた)き
----------------------------------
直ちに行うことは、何と困難なことであろうか







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック