徒然草  「赤舌日という事」


徒然草・第91段は「赤舌日という事」。合理主義者の兼好法師は「赤舌日」 は日が悪いというのは世迷い言にすぎないとしています。この段の、「物皆幻化なり」(物事は全て幻であり真の実在ではない)は現代にも通じるすぐれた視座と言えそうです





赤舌日(しゃくぜつにち)という事
------------------------
赤舌日(※)という日は

  ※ 陰陽道で万事が凶であるとされる日



陰陽道には沙汰なき事なり
-------------------------------------------------
陰陽道では凶とされる日だが、取り上げて問題にしないことだ



昔の人 これを忌(い)まず
-----------------------------
昔の人は、これを忌み嫌うことはない



この比(ごろ) 何者の言い出(い)でて
------------------------------
この頃、誰が言い出して



忌み始めけるにか
----------------
嫌い始めたのだろうか



「この日ある事 末通らず」 と言いて
-----------------------------------------------
「赤舌日に行われることは、終わりを全うできない」 と言って



その日言いたりしこと したりしこと かなわず
----------------------------------------
赤舌日に言っていた事や、していた事は、成就せず



得たりし物は失いつ
---------------
得た物は失い



企てたりし事ならずと言う 愚かなり
---------------------------------------------------
計画していたことは成功しないと言う、それらは愚かなことである



吉日を選びてなしたるわざの
-----------------------
吉日を選んで行ったことで



末通らぬを数えて見んも 又等しかるべし
-------------------------------------------------
終わりを全うしない日を数えてみても、また同じ数となろう



そのゆえは 無常変易(へんやく)の境
----------------------------------
そのわけは、無常で変化しやすい境界では



有りと見るものも存ぜず
----------------------
有ると見えるものも実在せず



始めある事も終わりなし
------------------------
始めのある事でも終わりはない



志は遂げず 望みは絶えず
-------------------------------------
志は成し遂げられず、望みは絶えることがない



人の心 不定なり
----------------------
人の心は、定まることがない



物皆幻化(げんげ)なり
-------------------------------
物事は全て幻であり真の実在ではない



何事かしばらくも住する
---------------------------------------------
いかなる事がしばらくの間でも変わらず常住するだろうか



この理(ことわり)を知らざるなり
---------------------------------------
(赤舌日を嫌うのは)この道理を知らぬからである



「吉日に悪をなすに 必ず凶なり
-----------------------------
「吉日に悪事を行えば、必ず凶となる



悪日(あくにち)に善を行うに 必ず吉なり」 と言へり
------------------------------------------
悪い日に善を行えば、必ず吉となる」 と言っている(※)

  ※ 中国の類書(百科事典の一種)、「事文類聚前書」からの引用



吉凶は人によりて 日によらず
------------------------------------------
吉凶は人によるものであって、日によるものではない






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック