徒然草  「大納言法印の召し使いし乙鶴丸」


徒然草 第90段は「大納言法印の召し使いし乙鶴丸」。高僧に仕える乙鶴丸という稚児が、しばしばある所へ出かけて行きます。高僧が問い詰めてみると ・・・。兼好法師の真意がつかみにくい段です。自由に想像してみてください





大納言法印の召し使いし乙鶴丸(おとづるまる)
-----------------------------------------
大納言の子で最高位である法印の地位にある僧の
 召し使いである乙鶴丸(※)という者

  ※ 稚児の名前と思われる



やすら殿という者を知りて 常に行き通いしに
---------------------------------------------
やすら殿(※)という者と知り合い、始終行き来していたが

  ※ 伝記不詳、乙鶴丸を寵愛していたと思われる人物で、
     衆道とよばれる男色関係にあったのであろう



ある時 出でて帰り来るを
----------------------
ある時、外出して帰ってくると



法印 「いづくへ行きつるぞ」 と問いしかば
-------------------------------------
法印が、「どこへ行ってきたのか」 と問うたところ



「やすら殿のがり まかりて候」 と言う
-------------------------------------------
「やすら殿のもとへ、でかけましてございます」 と答える



「そのやすら殿は男か法師か」 と又問われて 袖かきあわせて
-----------------------------------------------------
法印に「そのやすら殿は俗人の男か、法師なのか」 と再度問われて
 乙鶴丸は袖をかき合わせて



「いかが候ふらん 頭(かしら)をば見候わず」 と答え申しき
----------------------------------------------
「どうでございましょう、頭を見ておりません」 とお答えした



などか頭ばかりの見えざりけん
------------------------------
どうして頭だけが見えなかったのだろう






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック