徒然草  「下部(しもべ)に酒飲まする事は」


徒然草の第87段は「下部に酒飲まする事は」。善意から使いの者に酒をふるまった一人の僧侶。その善意は仇となって返ってきます。仏法は善行を説きますが、現実は必ずしも仏の教え通りにはいかないようです






下部(しもべ)に酒飲まする事は 心すべきことなり
----------------------------------------
下男に酒を飲ませる事は、心すべきことである



宇治に住み侍りける男(おのこ) 京に具覚房(ぐがくぼう)とて
-------------------------------------------------
宇治に住んでいた男は、京都にいる具覚房という



なまめきたる遁世(とんせい)の僧を
----------------------------
上品な隠者の僧を



小姑なりければ 常に申し睦つびけり
-----------------------------------------------
妻の兄弟の間柄としていたので、常に親しくつき合っていた



ある時 迎えに馬を遣わしたりければ
----------------------------------------
ある時、具覚房を迎えに馬を手配し遣わしたところ



「遥かなるほどなり 口づきの男(おのこ)に
---------------------------------------
具覚房は「宇治までは遠い道のりだ、馬を曳く男に



まず一度せさせよ」 とて 酒を出(いだ)したれば
-----------------------------------------
まず酒を一杯飲ませよ」 と言って、酒を出したところ



さし受けさし受け よよと飲みぬ
-----------------------------------------------
馬を曳く男は、酒を受けては受けて、ぐいぐいと何杯も飲む



太刀うちはきて かいがいしげなれば
-----------------------------------------
この男は太刀を腰につけ、きびきびした様子なので



頼もしく覚えて 召し具して行くほどに
------------------------------------------
具覚房は頼もしく思えて、召し連れて行くほどに(※)

 ※ 宇治に住むという男の住む所へ向かう



木幡(こはた)のほどにて 奈良法師の兵士(ひょうじ)
------------------------------------------------
宇治市の木幡のあたりで、奈良の興福寺の僧で警固の兵を



あまた具して会いたるに この男立ち向かいて
-------------------------------------
多数引き連れていた者に出会ったところ、
 この男(※)が立ち向かって

 ※ 馬を曳いてきた男



「日暮れにたる山中に怪しきぞ 止まり候へ」 と言いて
-------------------------------------------------------
「日が暮れてしまった山の中で怪しいな、お止まりなされよ」 と言って



太刀を引き抜きければ 人も皆太刀抜き
----------------------------------------
太刀を引き抜いたところ、相手もみんな太刀を抜き



矢はげなどしけるを 具覚房 手を摺りて
--------------------------------------------
弓に矢をつがえるなどしたので、具覚房はもみ手をして



「うつし心なく酔いたる者に候 まげて許し給わらん」 と言いければ
----------------------------------------------------------------
「正体なく酔っている者でございます。筋を曲げてお許し願います」 と言ったので



各(おのおの)嘲(あざけ)りて過ぎぬ
-------------------------------
それぞれみんなは嘲り、行ってしまった



この男 具覚房に合いて
-----------------------------------------
するとこの馬を曳いてきた男は、具覚房に向かって



「御坊は口惜しき事 し給いつるものかな
--------------------------------
「貴僧は口惜しいことをなさったものだ



おのれ酔いたる事侍(はべ)らず
---------------------------
私は酔っていることなどありませぬ



高名(こうみょう)仕(つかまつ)らんとするを
----------------------------------
手柄を立てようとするのに



抜ける太刀むなしくなし給ひつること」 と怒りて
-------------------------------------
抜いた太刀を無駄になさいましたな」 と怒って



ひた斬(ぎ)りに斬り落としつ
-------------------------------
具覚房をめった斬りに太刀を斬りおとし



さて、「山だちあり」 と ののしりければ
-----------------------------------
そして、「山賊がいるぞ」 と、騒ぎ立てたので



里人(さとびと)起こりて出(い)であえば
-------------------------------
山里の人々が大挙して出てくれば



「我こそ山だちよ」 と言いて
-----------------------
「オレこそが山賊だ」 と言って



走りかかりつつ 斬り回けるを
-------------------------
走りながら、太刀で斬り回るのを



あまたして手負わせ 打ち伏せて縛りけり
---------------------------------
大勢で反撃し、押さえ込んで縛り上げた



馬は血つきて 宇治大路の家に走り入りたり
--------------------------------------------------
曳いてきた馬は血をつけて、宇治大路の家(※)に駆け込んだ

 ※ 具覚房を迎えに馬を遣わした男の住む家



あさましくて 男ども あまた走らかしたれば
-----------------------------------
あきれた顛末で、宇治に住む男は
 下男たちを多数、捜索に走らせたところ



具覚房は くちなし原に によい伏したるを
--------------------------------------------------------
具覚房は、くちなしが群生する原っぱに、うめきながら倒れているのを



求め出(い)でて かきもて来(き)つ
---------------------------------
見つけ出して、かついで家まで連れてきた



からき命生きたれど 腰斬り損ぜられて
-----------------------------------------
かろうじて命は助かったものの、腰を斬りつけられて



かたわに成りにけり
--------------------------
不自由な身となってしまったという






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック