徒然草  『惟継(これつぐ)中納言は』


徒然草、第86段は「惟継(これつぐ)中納言は」。
ここで兼好法師は人とつき合う上で大切なことを諭しています






惟継(これつぐ)中納言は
--------------------
平惟継・中納言は(※)

 ※ 鎌倉~南北朝時代の公卿。兼好法師と同時代を生きた



風月の才(ざえ)に富める人なり
----------------------------------------------------
自然の風物を題材に詩歌・文章に豊かな才能を発揮した人である



一生精進にて 読経うちして
-----------------------
生涯修行に励み、読経をして



寺法師の円伊僧正と同宿して侍りけるに
-----------------------------------------
三井寺の僧、円伊僧正と同じ寺に住んでいたところ



文保に三井寺焼かれし時
--------------------------
文保年間に三井寺が焼けた時



坊主に会いて
--------------
円伊僧正に会って



「御坊をは寺法師とこそ申しつれど
------------------------------
「あなた様を寺法師と申してきましたが



寺はなければ 今よりは法師とこそ申さめ」 と言われけり
-------------------------------------------------------
寺は焼けてしまったから、今からは単に法師と申しましょう」 と言われた



いみじき秀句なりけり
---------------------------
優れた機知のある言い回しだった
 
 
 
 
 
 
 


一読すると、惟継(これつぐ)中納言の発言はとても失礼なものと

思えるかもしれません。しかし、人とつき合う上で大切なことは

相手の地位や肩書きなどでつき合い方を変えるのではなく、

その人の本質、生身の一人の人間としてつき合うべきである

ことがわかります。欲得や打算のない人間関係こそが尊重

されるべきなのは今も昔も変わりがないようです









ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック