徒然草  「人の心素直ならねば」


徒然草、第85段は「人の心素直ならねば」。人の心は行動になって現れる、だから、その人の行動を観察すればその人がどんな人なのかがわかる。見ることのできる観察によって見えない心が明らかになるという考え方は近代に通じるものがあります。兼好法師の合理主義者の一面が伺えます





人の心素直ならねば 偽りなきにしもあらず
----------------------------------
人の心は素直なものではないから、
 偽りがないというわけにはいかない



されども おのずから正直の人などかなからん
--------------------------------------------------
されど、たまたま正直な人などがいない、ということなどあろうか



おのれ素直ならねど 人の賢を見て
------------------------------------
自分が素直でないのに、他人の賢いのを見て



うらやむは 尋常(よのつね)なり
-------------------------
うらやむのは、世の常である



至りて愚かなる人は
----------------
極めて愚かなる人は



たまたま賢なる人を見て これを憎む
-----------------------------
たまたま賢い人を見ると、これを憎む



「大いなる利を得んがために 少しの利を受けず
----------------------------------------------
「大いなる利益を得ようとするために、少しの利益を受けず



偽り飾りで名を立てんとす」 と そしる
-------------------------------------
偽って飾り立て名を上げようとする」 と非難する



おのれが心に違(たが)えるによりて
----------------------------
自分の心と違うことを理由に



この嘲(あざけ)りをなすにて知りぬ
--------------------------------------
こうした非難をするので、(周囲に)わかってしまう



この人は下愚(かぐ)の性(しょう) 移るべからず
---------------------------------------------------
こうした人は極めて愚かな性分で、決して賢く変わることはできず



偽りて小利(せうり)をも辞すべからず
----------------------------------
ウソでも小さい利益を辞退することができず



仮にも賢を学ぶべからず
--------------------------------------
かりそめにも賢人の賢さを学ぶことなどできない



狂人の真似とて 大路を走らば すなわち狂人なり
-------------------------------------------------
狂人のマネだといって、大通りを走れば、その人は狂人である



悪人の真似とて 人を殺さば 悪人なり
------------------------------------------
悪人のマネだとして、人を殺せばその人は悪人である



驥(き)を学ぶは驥のたぐい
-----------------------------------------
千里を走る駿馬から学ぶ馬は、千里を走る馬である



舜(しゅん)を学ぶは徒(ともがら)なり
--------------------------------------------
古代・中国の聖天子、舜から学ぶ人は、同じ仲間である



偽りても賢を学ばんを賢と言うべし
---------------------------------------
偽ってでも賢を学ぼうとする人は賢人と言ってよい





 

ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック