徒然草  「法顕三蔵の天竺に渡りて」


徒然草・第84段は「法顕三蔵の天竺に渡りて」。孫悟空に登場する三蔵法師の師匠のお話です。この段で兼好法師は友人が高僧について地位や肩書きといった見かけで評価するのではなく、人間としてのその人のありように着目したことを称えています







法顕(ほっけん)三蔵の 天竺に渡りて
-------------------------------
法顕三蔵(※)が、インドに出かけ

 ※ 中国、晋の時代の高僧。
    この僧に孫悟空でお馴染みの三蔵法師が仕えた



故郷の扇を見ては悲しび
----------------------
故郷の扇を見ては悲しくなり



病に臥しては漢の食(じき)を願い給いける事を聞きて
-----------------------------------------------
病に臥しては、中国の食事をお願いされたという事を聞いて



「さばかりの人の 無下にこそ
------------------------
「それほどの人が、何とひどく



心弱き気色を 人の国にて見え給いけれ」 と
------------------------------------------
気弱な様子を、よその国でお見せになったものだ」 と



人の言いしに 弘融僧都(こゆうそうず)
-------------------------------
人が語ったところ、弘融僧都(※)が

 ※ 兼好法師の友人の僧



「優に情けありける三蔵な」 と言いたりしこそ
-------------------------------------
「優しくて情けのある三蔵である」 と言ったのは



法師のようにもあらず 心にくく覚えしか
------------------------------------------
法師のようでもなく、奥ゆかしく思われたことであった








ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック