徒然草  「竹林院入道左大臣殿」


徒然草・第83段は「竹林院入道左大臣殿」。兼好法師は物事はすべて、頂点や完璧を目指すことが必ずしもよいことではないと書いています






竹林院入道左大臣殿 太政大臣にあがり給わんに
----------------------------------------------
竹林院入道左大臣殿(※)は、太政大臣に昇進なさるのに

 ※ 西園寺公衡(きんひら)のこと



何の滞りかおはせんなれども
----------------------------------
何の差し障りもおありにならないのであるが



「珍しげなし 一上(いちのかみ)にてやみなん」 とて
------------------------------------------------
「珍しいこともない、左大臣のままで終わることにしよう」 として



出家し給いにけり
---------------
出家されてしまった



洞院(とういん)左大臣殿 この事を甘心(かんしん)し給いて
------------------------------------------------
洞院左大臣殿(※)は、この事を、心から同感なされ

 ※ 藤原実泰のこと



相国(しょうこく)の望みおはせざりけり
----------------------------------------
太政大臣になる望みはおありにならなかったという



「亢龍(こうりょう)の悔いあり」 とかや言うこと侍るなり
--------------------------------------------
「昇りつめた龍には悔いがある」(※) とか言うことがある

 ※ 易経の「亢龍悔ありとは、盈(み)ちては久しかる
    べからざるなり」より。登り詰めた龍は降るしかない。
    そのため後悔が生じるという意



月満ちては欠け 物盛りにしては衰ふ
-------------------------------------------
月は満月になると欠け、物事は盛りを極めると衰退する



万(よろず)の事 先の詰まりたるは 破れに近き道なり
-----------------------------------------------------
すべての事について、先が詰まっているのは、破綻が近いことである
 
 
 
 
 
 
 
ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック