枕草子 「小白川という所は」  第1話


枕草子・第42段(能因本)は「小白川という所は」 (三巻本では第35段)。 左大臣の次男のお屋敷で開かれた仏教の講演会での出来事が描かれています。この時、清少納言は20歳前後とされており、彼女が宮仕えをする前のお話です。とても長い段のため、数回に分けてお送りします


 
 
 
 
小白川という所は 小一条の大将殿の御家
---------------------------------------------
小白川という所は、小一条の大将殿(※)のお屋敷である

 ※ 小一条左大臣師尹(もろだだ)の次男・藤原済時(なりとき)



それにて上達部(かんだちめ) 
--------------------------
そこにて上達部(※)の人々が

 ※ 公家の位で三位以上の総称



結縁(けちえん)の八講(※2)したまふに
--------------------------------
結縁の八講(※)をなさるのに

 ※ 仏道に縁を結ぶ会の法華八講のこと



いみじくめでたき事にて 世ノ中の人の集まり行きて聞く
-------------------------------------------------
とてもおめでたい事として、世間の人が集まり聞きに行くという



「遅からむ車は 寄るべきようもなし」 と言えば
-------------------------------------------
「遅れてくる牛車は、近寄りようもない」 と人が言うので



露とともに急ぎ起きて げにぞ隙なかりける
----------------------------------
朝露とともに急いで起きて行ってみると、
 なるほど本当に牛車を停める場所がない



轅(ながえ)の上に またさし重ねて
-------------------------------------
牛車の轅(※)の上に、別の牛車を重ねて並べ

 ※ 牛車の前に突き出ている2本の長い棒のこと



三つばかりまでは 少し物も聞こえぬべし
----------------------------------------
牛車3台ばかりであれば、後ろでも少し説教の声も
 聞こえることであろう



六月十余日にて 暑き事 世に知らぬほどなり
-------------------------------------
6月の10日過ぎの日で、暑い事は
 この世のものとは思えないほどである



池の蓮(はす)を見やるのみぞ 少し涼しき心ちする
-------------------------------------------
池の蓮に視線を走らせる時だけが、少し涼しさを覚える



左右(ひだりみぎ)の大臣(おとど)たちを おきたてまつりては
-------------------------------------------------
左大臣と右大臣たちを、お除き申し上げて



おはせぬ上達部なし
--------------------------
おいでにならない上達部はいない



二藍(ふたあい)の直衣(なおし) 指貫(さしぬき)
---------------------------------------
上達部の方々は青紫の直衣(※1)や指貫(※2)

 ※1 公家の平服

 ※2 袴の一種



あさぎの帷子(かたびら)をぞ 透かしたまへる
--------------------------------------------
あさぎ色(薄青色)の単衣の服を、透かしていらっしゃる



少し大人びたまえるは 青鈍(あおにび)の指貫 
------------------------------------------
少しお年を召した方は、青みがかったグレーの指貫に



白き帷子も涼しげなり
-------------------
白い単衣も涼しげである



安親(やすちか)の宰相なども 若やぎだちて
------------------------------------
安親の宰相(※)なども、若々しく振舞って

 ※ 藤原安親(65歳)のこと



全て尊ふとき事の限りにもあらず おかしき物見なり
-------------------------------------------
八講といっても万事尊い事だけというわけでもなく、
 楽しい催しである
 
 
 
庇(ひさし)の御簾(みす)高く巻き上げて
--------------------------------
縁側の簾を高く巻き上げて



長押(なげし)の上に上達部(かんだちめ)
---------------------------------
長押(※)の上に上達部たちが

 ※ 柱と柱を水平に打ちつけた材木



奥に向かいて 長々と居たまえり
-------------------------------------
奥に向かって、長々と並んで座っていらっしゃる



その下(しも)には殿上人(てんじょうびと) 若き君達(きんだち)
--------------------------------------------------
その下座には、殿上人(※1)や若い君達(※2)

 ※1 清涼殿の殿上の間に登ることを許された位の人

 ※2 貴族の子弟・子女



狩装束 直衣(なおし)なども いとおかしくて
-----------------------------------
狩の衣装や、直衣なども、とても風情があり



居も定まらず ここかしこに立ちさまよい
------------------------------------
じっと座っておらずに、あちらこちらに歩き回り



遊びたるも いとおかし
---------------------
遊んでいるのも、おもしろい



実方(さねかた)の兵衛佐(ひょうえのすけ)
----------------------------------
小一条左大臣師尹の孫、実方の兵衛佐や



ながあきらの侍従など 家の子にて
----------------------------------------------
「ながあきら」(※)の侍従などは、小一条の家の方なので

 ※ 小一条左大臣師尹の次男、藤原済時の子の幼名か



いま少し出(い)で入りたり
------------------------
一段としげしげと出入りしている



まだ童(わらわ)なる君達など
-----------------------
まだ幼い君達なども



いとおかしうておはす
--------------------------------
とてもかわいらしいご様子でいらっしゃる
 
 
 
                              (第2話に続く
 
 
 
 
ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

ますだとしゆき
2020年10月28日 10:54
「安親の宰相」(65歳)について、『三巻本』では「佐理の宰相」(43歳)tとなっています。『春曙抄』(第42段)と『三巻本』(29段)でこのような違いがなぜあるのでしょうか?またこのようなことはよくあることなのでしょうか?教えて下さい。
徒然草子
2020年10月28日 16:27
ますだとしゆきさまへ。コメントありがとうございます。私は専門家じゃないのでご質問には答えしかねます。推測ですが枕草子は原本がなく、現存しているのはすべて写本です。そのため書き写す時に間違ってしまったのが原因かもしれません。あるいは何らかの理由で、清少納言または写本をした人が書き直したのかもしれません。

この記事へのトラックバック