徒然草  「薄ものの表紙は」


徒然草の第82段は「薄ものの表紙は」。ある人が本の薄い表紙は痛みやすく困ったものだと言うと、兼好法師はそれを否定します。一体どうしてなのでしょう


 
 
 

「薄ものの表紙は とく損ずるがわびしき」と 人の言いしに
-----------------------------------------------
「薄い織物(※)の表紙は、早くに傷むのがいやになる」と、
 ある人が言ったのを

 ※ 生糸を絡み織りにした紗や、縦糸と横糸を
    絡み合わせて織った絽のような生地



頓阿(とんあ)が 「羅(うすもの)は上下(かみしも)はつれ
---------------------------------------------
頓阿(※)が、薄い表紙は上下の部分がほつれ

 ※ 浄土宗の一派、時衆の僧であり、歌人でもあり和歌
    四天王の一人。兼好法師とも交友関係にあった。



螺鈿(らでん)の軸は貝落ちて後こそ いみじけれ」 と
------------------------------------------
螺鈿細工の軸は貝が落ちた後が、すばらしい」 と



申し侍りしこそ 心まさりて覚えしか
----------------------------------
申し上げたのは、見上げたものと思われた



一部と有る草子などの 
-----------------------------
数冊をまとめて一部となる草子などが



同じようにもあらぬを見にくしと言えど
-------------------------------
同じ体裁でもないのを見苦しいと言うが



弘融僧都(こうゆうそうず)が
----------------------
弘融僧都(※)が

 ※ 兼好法師の友人の僧



「物を必ず一具に整へんとするは
-------------------------------
「物を必ず一揃いに整えようとするのは



つたなきもののする事なり
---------------------
愚かな人のする事である



不具なるこそよけれ」 と言いしも いみじく覚えしなり
--------------------------------------------------
不揃いであることこそよい」 と言ったのも、すばらしいと思われた



「すべて何も皆 ことの整ほりたるはあしき事なり
---------------------------------------
「すべて何もかも、整っているのは悪い事である



し残したるを さてうち置きたるは面白く 
---------------------------------------
やり残したのを、そのままにしておくのは趣があり



生き延ぶるわざなり
-------------------
命を生き延ばす技である



内裏(だいり)造らるるにも
---------------------
皇居をお造りになる時も



必ず作り果てぬ所を残す事なり」 と
---------------------------------
必ず完成させない所を残すものである」 と



或人(あるひと)申し侍りしなり
---------------------------
ある人が申しましたという事である



先賢(せんけん)の作れる内外(ないげ)の文にも
----------------------------------------
昔の賢人の著した仏典やその他の書物にも



章段の欠けたる事のみこそ侍れ
-----------------------------
章や段の欠けたものがずいぶんある
 
 
 
 
ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック