徒然草  「人ごとに我が身にうとき事をのみぞ好める」


徒然草、第80段は「人ごとに我が身にうとき事をのみぞ好める」。兼好法師はこの段で自分の専門分野以外のことを重視する人を戒めています。昨今は時流に乗って門外漢のことまで手を広げ、つまずく人がたくさんいます。そうしたことにならないようにしたいものです


 
 
 
人ごとに 我が身にうとき事をのみぞ好める
------------------------------------
人は誰も、我が身に縁遠い事のみを愛好する



法師は兵(つわもの)の道を立て
--------------------------
法師は武士の道を求め



夷(えびす)は弓ひく術(すべ)知らず
-----------------------------
荒武者は弓を射る方法を知らないで



仏法知りたる気色(きそく)し
----------------------
仏法を知っているふりをして



連歌し 管弦を嗜(たしな)みあえり
--------------------------------
連歌をし、管弦を愛好しあうふりをしている



されど おろかなるおのれが道よりは
------------------------------
されど、おろそかな自分の道よりは



なお人に思い侮られぬべし
----------------------------------
なお一層、人に軽蔑されてしまうに違いない



法師のみにもあらず
----------------
法師だけではない



上達部(かんだちめ) 殿上人(てんじょうびと)
-------------------------------------
上達部(※1)や殿上人(※2)や

 ※1 三位以上、参議以上の官位の貴族

 ※2 清涼殿の殿上に昇ることを許された
    四・五位・六位の蔵人の総称



上(かみ)ざままで おしなべて
-------------------------
上層の人たちまで、おしなべて



武(ぶ)を好む人 多かり
--------------------
武術を好む人が多い



百度(ものたび)戦いて 百度勝つとも
------------------------------
百度戦い、百度勝っても



いまだ武勇の名を定めがたし
---------------------------------------
いまだ武勇の名を確かなものにしたとはいい難い



その故は 運に乗じて敵(あた)を砕く時
--------------------------------
その訳は、運に乗じて敵を破る時



勇者(ようしゃ)にあらずという人なし
----------------------------
勇者でないという人はいない



兵(つわもの)尽き 矢窮(きわま)りて
------------------------------
兵が尽き、矢がいなくなり



ついに敵に降(くだ)らず 死をやすくして後
----------------------------------
最後まで敵に降伏せず、平然と死んだ後



始めて名をあらわすべき道なり
----------------------------
初めて勇者としての名を現すことが
 できるというのが道理である



生けらんほどは 武に誇るべからず
---------------------------------
生きている間は、武勇を誇ってはいけない



人倫(じんりん)に遠く 禽獣(きんじゅう)に近きふるまい
---------------------------------------------
それは人の道に遠く、獣に近い振る舞いで



その家にあらずは 好みて益なきことなり
-----------------------------------------
武家の家柄でなければ、好んでも無益なことである







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック