徒然草  「何事も入りたたぬさましたるぞよき」


徒然草・第79段は「何事も入りたたぬさましたるぞよき」。慎み深い振る舞いを善しとする兼好法師の考え方が記されています






何事も入りたたぬさましたるぞよき
-----------------------------------------
何事も深く立ち入って知ったかぶりをしないのがよい



よき人は 知りたる事とて
---------------------------------
立派な人は、知っている事だからといって



さのみ知り顔にやは言う
-------------------------------
そうむやみに知った顔をして言うだろうか



片田舎より さし出でたる人こそ
-----------------------------
片田舎から、ちょっと出て来た人こそ



万(よろず)の道に心得たるよしの さしいらへはすれ
--------------------------------------------
あらゆる道に心得があるといった、受け答えをするものだ



されば 世には恥ずかしきかたもあれど
-----------------------------------------------
だから、こちらが非常に恥ずかしくなるくらいのところもあるが



自らもいみじと思える気色(けしき) かたくななり
---------------------------------------------
自分では立派だと思っている様子は、見苦しいものである



よくわきまえたる道には 必ず口重く
-----------------------------------------
よく心得ている方面のことについては、必ず口を慎み



問わぬ限りは言わぬこそ いみじけれ
-----------------------------------------
問われない限りは言わないことが、立派なことである






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック