徒然草   「今様の事どもの珍しきを」


徒然草・第78段で兼好法師は流行に振り回され、新しいものを追い求める人たちを厳しく批判します。これはモノを消費し尽くし、やたらと新しい情報を求めずにはいられない現代人にもあてはまりそうな話です
 


 
 
今様の事どもの 珍しきを
-------------------------------
当世のさまざまな事柄の、珍しいことを



言い広め もてなすこそ 又受けられね
-------------------------------------------
言い広め、もてはやすことこそ、また受け入れられない



世に ことふりたるまで知らぬ人は 心にくし
-----------------------------------------------
世間で、古めかしくなるまで知らないという人は、奥ゆかしい



いまさらの人などのある時
---------------------
新参者などのある時



ここもとに言いつけたることぐさ ものの名など
---------------------------------------
こちらで(※)言い慣れた話の種や、物の名前など

  ※ 新参者ではなく事情に通じた側にいる連中のこと



心得たるどち 片端(かたはし)言い交わし
-------------------------------------
承知している者同士が、その一端を言い交わし



目見合わせ 笑いなどして
-------------------------
目を見合わせて、笑いなどして



心知らぬ人に 心得ず思わする事
---------------------------------------
その意味がわからぬ人に、不審に思わせることは



世なれず よからぬ人の 必ずある事なり
-----------------------------------------
世間知らずで、教養のない人が、必ず行うことである







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック