徒然草  「世の中にその比人の」


徒然草の第77段は「世の中にその比人の」。前段に続き法師に対する批判的な内容となっています。兼好法師は世俗の事柄にあまり首をつっこむ法師に厳しい考えを持っています






世の中に その比(ころ)人の
------------------------
世の中に、その頃の人たちが



もてあつかいぐさに 言い合える事
----------------------------
噂の種として、言い合っている事を



いろふべきにはあらぬ人の よく案内(あない)知りて
------------------------------------------
関係するはずのない人が、よく事情を知っていて



人にも語り聞かせ 問い聞きたるこそ 受けられね
-------------------------------------------------
他人にも語り聞かせ、尋ね聞いているのは、受け入れられない



ことに かたほとりなる聖法師などぞ
-----------------------------
特に、片田舎にいる聖法師などが



世の人の上は わがごとく尋ね聞き
---------------------------------------
世の人の事柄を、自分のことのように尋ね聞いて



いかでかばかりは知りけんと
------------------------
なぜこれほど知ったのだろうと



覚ゆるまでぞ 言い散らすめる
-----------------------------
思われるまで、言い散らすようである






ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/
 
 
 
 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック