徒然草 「九月廿日のころ」

 
現代語訳の徒然草、第32段は「九月廿日のころ」。

ある日の夜、兼好法師は誘われた相手と連れ立って

夜の道を歩いています

すると、相手の男性がふとした行動を取ります



           ◇



九月廿日(はつか)の比(ころ)
--------------------------
9月20日の頃



ある人に誘われ奉りて 明(あ)くるまで 月見歩く事 侍(はべ)りしに
---------------------------------------------------------------
あるお方のお誘いを受けて、夜の明けるまで、月を見て歩くことがありました



思し出(い)づる所ありて 案内(あない)せさせて 入り給いぬ
-------------------------------------------------
すると、そのお方が思い出される家があり、取次ぎをさせ、
 中に入っていかれた(※)

  ※ 後の文章からすると、兼好法師はここで相手と分かれたようですが
      しばらくの間、その家の観察を続けます



荒れたる庭の 露しげきに わざとならぬ匂い しめやかに うち香りて
-----------------------------------------------------------
荒れた庭には、あたり一面の露、意図的に立てたものではない香りが、
 しっとりと漂っている(※)

  ※ ここから、この家は女性が住んでいることがわかります



忍びたる気配 いともの あわれなり
-----------------------------------------------
俗世間から隠れて暮らすような様は、とても風情がある



よきほどにて 出て給いぬれど なお事ざまの優におぼえて
---------------------------------------------------
ほどなく、相手の男性客は出て行かれたのだが、
 なお一層ここに住む人の様子がすばらしく思え



物の隠れより しばし見いたるに
------------------------------------
物陰に隠れて、しばらく様子を伺っていると



妻戸(つまど)を いま少し押し開けて 月見る気色(けしき)なり
------------------------------------------------------------
この家の女性は出入り口の戸を、少し開けて、月を見ている様子である



やがて 駆け込もらましかば 口惜しからまし
----------------------------------------------------------
すぐにカギを掛けて、中に駆け込んでしまったなら、残念なことだった



後まで見る人ありとは いかでか知らん
--------------------------------------
後まで見送る人がいるとは、誰が知っていよう



かようの事は ただ朝夕の心づかいによるべし
---------------------------------------
こうした事は、日頃の心がけによるものだろう



その人 ほどなく 失せにけりと 聞き侍りし
-------------------------------------
その人は、まもなく、亡くなったと耳にした










兼好法師は自分より年配か、位の上の人に誘われて、

夜更けまで、食べて、飲んで、月を見ながら、一緒に

帰っていくところなのでしょうか



道すがら、ふと連れの人は、昔なんらかのいきさつがあった

女性の家を思い出したようです。「わたしはちょっとここで

失礼します」 と言って、女性の住む家へ消えた



兼好法師は、その家の暮らしぶりに興味を惹かれ、そのま

ま帰らず、隠れて様子を伺っている。

野暮というか、好奇心旺盛というか、下世話というか ・・・



やがて男が帰るとき、見送りに出た女性は、男の姿が見え

なくなった後も、月を眺める風情で、佇んでいる。こうした振

る舞いができるか否かは、普段の心がけ次第という



男の姿が見えなくなるとすぐに、ピシャリと扉を閉め、カギを

掛けてしまうのは、なんとも興ざめだろう。兼好法師は、そん

な風雅な人も、もう亡くなってしまったと、今の世を詠嘆する


 
 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ななし
2008年07月02日 00:57
わかりやすくて 勉強になりました!
2008年07月02日 09:19
>ななし さまへ
 
コメント、ありがとうございます。
 
「徒然草子」は毎月更新していますので、
機会があれば、またお立ち寄りください。
 

この記事へのトラックバック