アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ビジネス」のブログ記事

みんなの「ビジネス」ブログ

タイトル 日 時
日米で揺らぐ、働くことの意味
アメリカの大統領選挙が佳境を迎えています。どちらが選ばれても、史上稀に見る人気のない大統領になりそうです。二人の候補者に人気がない理由の一つは、働くことについてのアメリカの伝統的な価値観が揺らいでおり、それに対して答えを示せないことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/01 17:35
人を育てる質問 「キミ、ハーマン・カーンって知ってるか?」
人材育成に秀でた名経営者と言えば、多くの人が名前を挙げるのが松下幸之助氏です。名人だけにエピソードも豊富です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 04:27
人材の差が人工知能による経営格差を生む
「やはり」 と言うべきか、それとも 「もう、そんなに早く」 と言うべきでしょうか、日立製作所は今から2〜3年後をメドに、重要な経営判断を支援する人工知能を実用化し、社内での利用だけでなく、他社への販売も始めるそうです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/26 10:54
素人だからできた経営改革
セブンイレブンの鈴木敏文会長が退任することになりました。会社員である一方で、日本流のコンビニという新しい業態を作り上げた創業者でもあるという、特異なキャリアを歩まれた方です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/09 18:55
ネット検索が企業経営に差をつける
人間と人工知能の囲碁対決が話題となりました。当初の予想では人工知能が最強棋士と言われるイ・セドル9段に勝つのは難しいだろうと思われていました。しかし、結果は4対1で人工知能の圧勝でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/23 10:53
同一労働・同一賃金は格差を広げる?
政府は 同一労働・同一賃金 を実現するための法整備を進める意向です。日本で同一労働・同一賃金が普及しないのは、正社員の厳しい解雇規制と年功重視の人事管理のためと言われています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 10:44
大学入試改革と人事評価
2020年から始まる予定の大学入試改革が迷走しています。当初は現在のセンター試験の1発勝負という弊害をなくし、複数回の受験ができるようにするはずでしたが、いつの間にか、多様な能力を測るため記述式問題による試験を行う話に変わってしまいました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/21 18:23
ラグビーでわかる本当のチームワーク
ラグビー・ワールドカップでの日本代表の活躍をきっかけに、日本国内でもラグビーへの注目度が一気に高まっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/23 17:57
五輪エンブレムと人事評価
すったもんだの末、東京オリンピックのエンブレムは白紙撤回が決まりました。こうしたエンブレムに限らずシンボルマーク、ブランドロゴ、キャッチコピーなどは、シンプルな仕上げになるため、たとえクリエーターの発想や制作プロセスは違っていたとしても、出来上がった作品は似てしまうといった事態は避けられません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/23 04:07
マネジメントの核心を突く話
マネジメントの核心を突く話 京都の老舗料亭、菊乃井の主、村田吉弘さんが日本料理大全という日本料理が体系的に学べる本を制作しました。この本の特徴は、日本料理に馴染みのない外国人シェフでも、きちんとした日本料理た作れるようにレシピが数字で示されていることです。○○は○○センチに切って、塩分○%の熱湯で○○分茹で、その後、冷水で○○分冷ます、といった具合です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/21 10:52
自社の賃金水準を同業他社と比較する
最近の春闘では頻繁に、ベア(=ベースアップ)という言葉が聞こえてくる。実際に基本給を引き上げた経営者はもちろん、ベアを検討中の社長も、改めて自社の賃金水準について思いを巡らせているのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 10:03
中途採用業務における事前準備と面接
終身雇用制度が終わりを迎え、多様な労働者が多様な雇用契約で働くことが当たり前になってきた。今後、雇用の流動化は確実に進むことが予想される。そうなると企業の人事管理では中途採用の頻度と重要度が増すことになる。中途採用で重要になるのは事前の準備と面接の対策だ。今回はこの2つのポイントについてお送りする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/20 11:28
大阪都構想でわかる人事のツボ
大阪都構想でわかる人事のツボ 間もなく今の大阪市を廃止して特別区に再編するかどうかを決める住民投票が行われます。賛成派は府と市の役割を明確に分けることで、二重行政が解消され、効率的で戦略的な行政ができると主張しています。これに対し、反対派は二重行政の解消は仕組みを変えなくても可能で、特別区は税収が不安定な上、設置や運営に多大な費用がかかるとしています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/10 05:40
「そり」 が合わない人間関係
お家騒動で大塚家具が世間の耳目を集めていました。経営方針を巡って父と娘の対立が伝えられていましたが、背後には2人の 「そり」 が合わないことによる確執がありそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/12 10:47
割増賃金計算の落とし穴
割増賃金計算の落とし穴 割増賃金の計算は何かと間違いが生じやすい。気づかないまま不払いや過払いとなっていることがある。今回は割増賃金を計算する際の落とし穴についてお送りする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/27 11:48
割増賃金が上がる日に備えて
割増賃金が上がる日に備えて 正規と非正規という雇用形態の違いが格差を生んでいるが、大企業と中小企業の間では法律が格差を容認している。現在、大企業では月の時間外労働が60時間を超えると割増賃金の割増率が50%に引き上げられる。一方、中小企業は25%のままだ。中小企業の経営を慮っての措置だが、働く側からすれば不公平になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/10 05:18
降職と降格について
前回 触れた昇進・昇格の反対に当たるのが降職と降格だ。降職 とは昇進の逆で、部長が課長になるといったように組織上の役職が下がることを言う。降格 は人事上の処遇として、現在格付けされている等級を引き下げることを指す。降格の結果、降職となることもある。降職や降格は懲戒処分として行われることもあるが、今回は人事評価による降格を取り上げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/20 11:53
昇進・昇格の仕組み
会社員にとって気になる事の一つに出世レースがある。かつてはこのレースから脱落した人は 「窓際族」 と呼ばれたものの、何とか雇用は維持された。だが、最近は追い出し部屋という部署へ異動になることもある。政府も労働移動に本腰を入れており、民間の転職支援会社への助成金も増額されることから、今後、会社員なら誰でもこれまで以上に出世を意識せざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/12 05:13
人事異動による人材育成の危機
人事異動による人材育成の危機 会社員である以上、誰でも否応なく自社の人事管理の影響を受ける。その影響の中でも、最たるものが 人事異動 だ。ある日突然、上司や人事部から呼ばれ、異動を告げられる。引越しを伴う転勤になると影響は家族にも及ぶ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/09 11:04
専門職を格付けする仕組みとは
専門職を格付けする仕組みとは 専門職制度を本来の姿に戻すには、職能資格制度とは別の格付け制度が必要だ。職能資格制度では社員を職務遂行能力によって予め決められた等級に格付けする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/24 06:39
専門職制度を本来の姿にするために
専門職制度を本来の姿にするために 国際的な競争が激しくなる中で日本企業の競争力に翳りが生じている。原因はさまざま考えられるが、人事制度もその一つだろう。日本企業の人事制度の弱点は処遇面に重点が置かれ、活用面で十分機能していないことだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/09 18:27
裁量労働制が拡大されると働き方はどう変わる
裁量労働制が拡大されると働き方はどう変わる 労働基準法は、実際に働いた時間とは別の時間を労働時間とみなす仕組みとして、専門業務型裁量労働制、企画業務型裁量労働制、事業場外労働に関するみなし労働時間制の3つを定めている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/23 10:01
ブッラク企業にならないために
ブッラク企業にならないために 最近は 「名ばかり管理職」 「派遣切り」 「パワハラ」 など人事に関する用語が世間を騒がすことが多くなった。これらに新しく仲間入りしたのが ブラック企業 だ。法律上の定義はないが、過酷な長時間労働で人材を使い捨てにする企業のことを指している。厚生労働省はブラック企業の疑いがある会社を重点的に立ち入り調査しているが、所轄の労働基準監督署が指摘する法令違反にはいくつかのパターンがある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/08 05:12
初心者でも出来るコーチングとは
初心者でも出来るコーチングとは 企業がコーチングを取り入れる際の方法としては、特定のコーチと専属契約をして、経営幹部や管理職が随時コーチを受けるというやり方と、役員や管理職がコーチングの研修を受け、実際の職務遂行時に社員や部下にコーチングを行うという選択がある。後者のやり方が一般的と言える ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/25 05:47
コーチングが注目される訳
コーチングが注目される訳 あなたは社外の友人に仕事上の悩みを話をしているうちに、次になすべきことが見えてきた、という経験はないだろうか。この場合、社外の友人はコーチングをしていることになる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/12 06:04
若手社員の早期離職を減らす対策
若手社員の早期離職を減らす対策 新入社員の早期離職問題が容易に解決しないことを予感させる調査結果がある。日本生産性本部は春と秋に 新入社員の意識調査 を行い、「今の会社に一生勤めようと思っている」 と回答する新入社員の割合の変化を調べている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 10:00
経営指標でわかる新入社員の離職問題
経営指標でわかる新入社員の離職問題 新入社員が早期に離職する問題は 「7・5・3」 として知られている。就職後、3年以内に離職する割合が中学卒業者は7割、高卒は5割、大卒は3割に達することから、こう称される。最近はブラック企業を判断する目安にもされるため、会社側も改善に取り組んでいる。その甲斐あって、この数字は年々低下しているが、それでも平成22年3月に卒業した人を見てみると、3年間の離職率は大卒者で31%、短大卒は40%、高卒者・39%と依然として高い数値になっている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/08 11:21
部下と関わる際のリーダーシップがわかる本
部下と関わる際のリーダーシップがわかる本 前回 人と仕事のマネジメント で触れたように、管理職は部下と話し合い目標を設定したら、その達成に向けて部下に関わることになる。その際、どのように関わればよいのかを教えてくれるのが、1分間リーダーシップ という本だ。この本では、「状況対応型リーダーシップ」 という考え方を用い、部下との効果的な関わり方を解説している ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/20 15:24
人と仕事のマネジメントがわかる本
人と仕事のマネジメントがわかる本 管理職の最も重要な仕事は組織・チームを率いて目標を達成すること、そして部下の育成だ。これらは仕事と人材のマネジメントと言える。だが、現在、多くの管理職はプレイング・マネージャーであり、昇進前のプレーヤーの仕事に新しい役割が加わっただけで、マネジメントに費やす時間がほとんどない。またマネジメントを学ぶ機会は管理職昇進時に行われる研修だけというケースも珍しくない。管理職の多くはマネジメントについて実践不足、学習不足、訓練不足、経験不足の状態にある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/08 10:19
紛らわしい休日出勤と休日労働
紛らわしい休日出勤と休日労働 前回、残業と時間外労働の違いについて触れたが、休日出勤と休日労働を巡っても、世間と法律の間には認識のズレがある。一般的には会社が休みの日に仕事をすれば休日出勤で、休日労働になると思われている。だが、労働基準法では使用者は毎週少なくとも1回の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければならないと定め、この日が法律上の休日=法定休日 になる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/24 10:10
間違えやすい残業と時間外労働
間違えやすい残業と時間外労働 役所や行政機関の窓口で担当者と話をすると、何か話がかみ合わないという経験をもたれた方も多いだろう。その原因の一つは、彼らが使う法律用語が世間一般の理解や認識とズレがあるためだ。その一例が 残業 と 時間外労働 だ。労働行政の役所の担当者は 「時間外労働をさせると割増賃金の支払いが必要になる」 と話すが、「残業させると割増賃金の支払いが必要になる」 とは言わない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/14 05:15
私たちの働き方を変える改正労働者派遣法
私たちの働き方を変える改正労働者派遣法 私たちの働き方を大きく変える法律が改正されようとしている。厚生労働省は労働者派遣法の改正案を国会に提出し(※)、来年、2015年春の施行を目指している。現在報じられている内容で改正案が成立すると企業の人事管理と私たちの働き方は大きく変わることが予想される。労働者派遣法改正 の概要とその影響を見てみよう (※法案は廃案となったが、政府はH26年秋の臨時国会に再提出する方針) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 06:44
労働条件を変更する際の注意点
労働条件を変更する際の注意点 日本は今後も少子高齢化によって働く人口が減り続ける。そのためマクロで見ると、働く人全員で受け取る賃金の総額は減少する。これにより総需要は減少し、国内市場は縮小する。一方、海外では人口が増え、中産階級が増加し、市場は拡大を続ける。こうした環境変化に対応するため企業経営は変わらざるを得なくなり、その結果、私たちの働き方も変化を迫られる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/04 16:26
日本企業が抱える人事の弱み
日本企業が抱える人事の弱み 前回、日本企業は社員ごとの職務内容をあまり明確に定めず、仕事の量や質が変われば、各担当者に柔軟に対応させる、そのため仕事が属人化してしまい、それが弱みになっていることを指摘した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/20 05:30
グローバル化を阻む人事の壁
グローバル化を阻む人事の壁 アメリカで最も人気のあるスポーツはアメリカン・フットボール、通称アメフトだ。アメフトはアメリカ企業の人事の仕組みを色濃く反映しており、それが人気の秘密かもしれない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 10:23
誤解されている権限委譲
誤解されている権限委譲 成長している会社とそうでない会社の違いは仕事を進めるスピードにある。かつて、東レとユニクロが共同で製品開発に着手したところ、東レはユニクロの仕事を進めるスピードの早さに戸惑ったという。一般的に消費者に近いところに位置する業界では日々刻々売れ筋や流行が変わるため、社内の意思決定のスピードは自ずと早い。これに対し素材メーカーのような流通の川上に位置する業界では、製品に対する嗜好性の変化が穏やかなため、社内のスピード感は乏しくなる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/02/14 09:43
トラブルになりやすい高齢者の継続雇用
トラブルになりやすい高齢者の継続雇用 平成25年の4月から高年齢者雇用安定法が改正され、企業には何らかの仕組みで65歳までの雇用を確保する義務が課せられた。東京都産業労働局の調べによると、一昨年、60歳で定年を迎えた社員のうち、継続雇用となったのは約65%で、退職した人は継続雇用を希望したが再雇用されなかった人を含め約35%だった。今後は老齢厚生年金の支給開始年齢が徐々に繰り下がり、支給額も低下していく可能性が高いため、継続雇用される割合は増加していくだろう ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/31 10:58
社員研修を支える環境整備と施策
社員研修を支える環境整備と施策 会社が人材を育成しようと様々な研修や自己啓発への支援を用意しても、肝心の社員が乗り気を示さないことがある。西洋の諺の 「馬に水を飲ませるため川辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない」 という通り、会社は人材育成の仕組みを整えることはできるが、それを活用させることはまではできない。教育機会は提供するが、活用するのは本人次第という姿勢に徹するのが現実的だ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/20 14:45
社内研修講師の役割
社内研修講師の役割 研修を内製化する際、最も大きな役割を担うのが研修講師だ。研修講師に求められるスキルには、研修テーマについての経験・知識、プレゼン技術、資料・レジュメ・スライド等の作成、教材・ツールの選択・使い方、レッスンプランの作成などがある。研修内容によってはコーチングやファシリテーション(議事進行)、グループワークの運営といったスキルも求められる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/06 05:40
研修内製化のステップ
研修内製化のステップ 前回 述べたように研修を内製化する際は部分的な内製化から取り組むのが現実的だ。最も着手しやすいのは教育研修機関が開発したメニューや教材を購入し、講師だけを社内の人材が担うというものだ。こうした場合、教育研修機関が社内講師養成のための教育訓練やトレーニングを実施してくれるケースもある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/24 18:07
研修内製化の進め方
研修内製化の進め方 高い経済成長が見込めない中、ビジネスの現場では効率や生産性が求められている。人材育成の分野も例外ではなく、研修の内製化への関心が高まっている。研修を内製化すれば経費の削減につながる上に、自社の課題にマッチした研修を行うことができる。だがその一方で研修の品質低下が避けられないという側面もある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/09 14:28
学生を迷わせる就職情報
学生を迷わせる就職情報 政府の要請を受け経団連は新卒学生の採用解禁時期を遅らせることになった。2016年の卒業予定者から、就職活動の開始は現在の12月から3月に繰り下げられる。これにより、卒業ギリギリまで就職先が決まらない学生が今以上に増え、不安も増すことになりそうだ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/26 16:46
効果的な教育投資とは
効果的な教育投資とは 最近、企業の新卒採用の担当者は人材の劣化を嘆いている。また、大学では新入生の学力低下が著しく、大学で高校レベルの授業をしなければならない事態が生じている。誰でも現在の日本の学校教育に何らかの問題があることは感じているが、問題が複雑で多岐に渡るため解決策を巡っては意見が交錯している ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 05:49
月によって労働時間が変わる働き方
月によって労働時間が変わる働き方 1カ月の間では繫閑の差はあまりないが、年間を通じると特定の月は終始忙しいという会社がある。また、どこの企業でも決算月や年末、年度末は多忙になる。こうした場合は 1年単位の変形労働時間制 を使うことで、1日8時間、1週40時間の法的制限を超えた働き方ができる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/27 18:17
日によって労働時間が変わる働き方
日によって労働時間が変わる働き方 廃炉に向けた作業が続く福島第一原発では作業員の方々は線量計を身に付けている。線量計の累積値が一定以上に達すれば、原発での作業はできなくなる。これを聞いて、「ウチの会社の残業管理と同じだなぁ」 と思われた方もいるのではないだろうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/08 05:01
変わりつつある目標管理制度 パート2
変わりつつある目標管理制度 パート2 MBO(目標管理制度) 本来の仕組みに従えば、経営者・経営陣が求める理念の実現や、中長期の経営計画や今期の業績目標などを達成するため、各部門には目標が定められる。部門責任者 (例えば部長) はこれら目標をどのようにして達成するかの戦略や計画を自主的に策定し、各セクション (例えば課) に目標を割り当てたり、期待する事項や要求水準を明らかにする ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/21 10:23
変わりつつある目標管理制度 パート1
変わりつつある目標管理制度 パート1 そもそも人事制度は経営を支援する仕組みだから、経営環境が変われば自ずと人事制度も変化する。現在、そうした人事制度の一つである 目標管理制度 (MBO) が静かに変貌しつつある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/12 11:30
目標設定理論とは
目標設定理論とは 目標設定理論 は1980年代半ばに、心理学者のロック (Edwin Locke) とレイサム (Gary Latham) によって打ち立てられたモチベーションに関する最新の理論の一つであり、目標と業績、モチベーションの関係を明らかにしている。経営者や人事担当者にとって示唆に富む内容が多く、目標管理制度とも深い関係がある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/20 18:46
目標を達成できる人と出来ない人の違い
目標を達成できる人と出来ない人の違い どのような会社であれ、程度の違いはあるが業績の目標を掲げ、社員にも目標を課している。だが目標に対する社員の意識や行動、態度には自ずと違いがある。懸命に努力する者がいる一方で、自分の目標を把握していない人や、早々にあきらめてしまう者などもおり、経営者や管理職には頭痛の種になる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/07 18:28
ジョブカードを使った採用
ジョブカードを使った採用 政府はやむを得ず派遣で働いている人たちに対して 求職者支援法 という法律を作り、対策に取り組んでいる。この法律はリーマン・ショックで派遣切りが社会問題化した際、スキルがないから再就職できない→でも職業訓練を受けると、無収入となるため生活できない→だから派遣から抜け出せない、といった声に対応して制定された ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/25 10:48
人材の活用を阻む過度な法規制
昨年、労働者派遣法が改正されたが、この法律は改正や通達のたびに、何かと物議を醸し出す。先には 専門26業務派遣適正化プラン を巡って現場が混乱したし、昨年の改正でも日雇派遣の禁止の例外を巡って議論が沸騰した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/05 17:23
1日の労働時間が6時間の会社
NHKで サラメシ という番組が放送されている。働く人たち、サラリーマンのお昼ご飯を紹介するドキュメント番組だ。だが、そんな 「サラメシ」 がない会社がある。アパレルのネットショップ、ゾゾタウン を運営する スタートトゥデイ だ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/25 05:59
研修の種類と手法について
このページはウェウサイトに移動しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/22 05:31
教育訓練体系の作り方
このページはウェブサイトに移動しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/10 11:59
中堅・上位階層の人材育成
一般的にOJTは新入社員や中途採用の若手社員、人事異動した社員などを対象に、彼らが一人前になることを目標に実施される。この一人前という基準は、与えられた職務を一人でこなすことができ、不測の事態にも対処でき、他人に教えることができる水準を指す。一人前基準を超え、中堅社員以上になってくるとOJTでは人材育成が図れなくなる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/24 04:49
OJTの効果を上げる方法とは
先の総選挙で民主党が大敗した。原因として政権運営の経験不足や能力不足に加え、それらにより生じた混乱や不手際が指摘されている。会社でも言えることだが、誰でも初めて取り組む仕事やプロジェクトは経験が不足しており、スキルや能力が十分とは言えない。それでも敢えてやらせてみることが人材を育成することに繋がる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/12 16:41
フレックスタイムで人材育成
前回 触れたようにフレックスタイム制は労働時間の総枠が決められているため、裁量労働制やみなし労働時間制と異なり長時間労働となる懸念は少ない仕組みといえる。そのため、導入に際しては業種の制限もないし、内容の詳細を取り決めた労使協定の届出の必要もない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/26 05:00
誤解されているフレックスタイム
一般的に会社の就業時間は午前9時〜午後5時を中心に設定されている。だが、これを見直す企業が相次いでいる。ユニクロを展開するファーストリテイリングは一昨年、東京本部等で働く約2000人を対象に就業開始を2時間早め午前7時にし、終業時刻を午後4時に変更した。終業時刻を早めることで社員が専門的な知識やスキルを身に付けやすくなり、人材の育成・強化を図ることを狙っている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/13 07:55
正規と非正規の区別を廃止した会社
短時間労働者への社会保険への適用強化が図られ、5年を経過した有期雇用契約が無期雇用契約に転換することが法律で定められた。今後、パートタイム労働者は社会保険の適用を受ける準・基幹戦力という層と、現在より労働時間が短い補助労働力という層に区分され雇用管理されることになるだろう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/22 10:58
自律的なキャリアの評価軸
島根県の隠岐諸島に 隠岐島前高校 という公立高校がある。この高校には全国から生徒たちが入学するためにやってくる。もちろん通学はできないから島外の生徒は学校が用意した寮で3年間を過ごす ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/07 16:08
高齢社員を活かす知恵
高年齢者雇用安定法の改正により、定年後の継続雇用義務が強化されたため、企業にとっては高齢者の活用がますます大きな経営課題になってくる。一方、少子化が進み労働人口が減少していくため、弱年者や既婚女性、外国人といった多様な属性の労働者の戦力化や、パート・アルバイト・派遣・短時間正社員など多様な雇用管理の活用も求められる。従来のように 「大卒・男子・正社員」 に特化したような硬直した人事制度ではこれからの時代に対応できなくなる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/22 05:03
平成24年の厚生年金保険法の改正 (企業向け)
今年 (H24年) は、前回 お届けした高年齢者雇用安定法の改正に関係している厚生年金保険法についても改正が行われた。改正項目の中から企業の人事に関連する箇所をピックアップしてみよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/07 11:27
改正された高年齢者雇用安定法
若者にとって厳しい雇用情勢が続いている。日本では新卒一括採用という仕組みがあるため、欧米先進国に比べ新卒者が極度の就職難に陥ることは回避されているが、それでも就職したものの3年以内の早期に離職する人、就職しないあるいは一時的な仕事に就いた人、中途退学する人、これらを合計すると大学生の場合は52%、高校生の場合は68%にもなる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/25 05:32
改正された労働契約法の影響
前回 は改正された 労働契約法 の概要をお届けしたが、今回はこの改正が企業に与える影響について考えてみよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/11 05:44
改正された労働契約法
非正規雇用で働く人たちが増加の一途を辿っている。非正規労働者の数は平成元年には817万人たっだが、平成23年には1733万人と2倍以上になり、働く人全体に占める割合も35%に達している (統計資料はこちら)。非正規雇用における労働は労働者保護の点で十分でないことが多い事情を踏まえ今回、労働契約法 が改正され、有期労働契約 (=期間に定めのある労働契約) に関して規制の強化とルールの明確化が図られた ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/19 18:43
改正された労働者派遣法の影響
今回の労働者派遣法の改正により、何がどのように変わってゆくのだろう。改正の当初の目的である派遣労働者の保護については一定の効果が期待できそうだ。特に途中の派遣契約の解除といった、いわゆる 「派遣切り」 について派遣元・派遣先に新たな就業機会の確保や休業手当についての負担が明確に規定されたことは派遣で働く人たちにとって朗報だろう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/06 14:12
改正された労働者派遣法
紆余曲折を経て労働者派遣法が改正され、今年 (平成24年) の10月1日から施行される。今回の改正では法律の名称や第1条の目的条文に 「派遣労働者の保護等」 という文言が入ったことに象徴されるように派遣労働者の保護を強化している。この背景には2008年から相次いだ大手派遣会社による違法な派遣や、リーマン・ショックの際に生じた派遣切りの社会問題化がある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/18 10:36
違法なインターンシップ
日経新聞が就職活動中の学生に対する インターンシップ について違法行為が蔓延しているという記事を掲載していた。記事によると、ある学生は広告代理店のインターンとして社員と同様に新規顧客の開拓をしている。最初に一通りの方法を教えられた後は一人で営業活動をして、ノルマが課せられている。時間外労働もあり、帰宅は夜9時ごろが多いという ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/07 10:36
時間単位の有給休暇の仕組み
前回、遅刻をした社員が遅れた時間分を有給休暇に振り替える事態がありえることを指摘したが、現在、有給休暇は時間単位での取得が認められている。このように法律が改正されたのは時間外労働の割増賃金率が引き上げられたことが関係している ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 10:53
遅刻・欠勤控除の計算方法
経済のソフト化・サービス化・グローバル化が進み、就業時間外でも携帯情報端末を使って仕事をしたり、深夜や早朝に海外にいる相手とメールで打ち合わせをすることも珍しくなくなった。そんな事情のせいか遅刻について、かつてのように厳しいお咎めを受けることがなくなったという声を耳にする ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/10 05:10
打切補償による解雇は合法か
前回記したように業務上の原因で心の病が生じ休職している社員については、たとえ休職期間が満了しても会社は解雇や退職にすることはできない。ただし、療養開始後3年を経過すれば平均賃金の1200日分を支払うという 打切補償 を行えば、解雇することができる。もっとも平均賃金の1200日分となれば1000万円前後になることも考えられ、かなり高額な出費となる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/25 10:45
業務上の「うつ」は要注意
心の病に陥る人たちが増加し続けている。厚生労働省の 患者調査 によると、2008年に全国の医療機関に気分障害で治療を受けた患者数は約104万人だった。患者調査は3年ごとに行われているが、2002年から調査が行われるたびに患者数は増加している ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/06 06:21
充実される育児と介護の休暇・休業制度
職業生活と家庭生活の両立、いわゆる ワークライフバランス を推進するため、育児介護休業法が相次いで改正され、休暇制度も充実が図られている (ちなみに休暇制度と休業制度は違うので、念のため) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 18:47
管理職という呼び名を廃止した企業
オーナー経営者のように長きに渡って経営に携わっている人から見れば、管理職というポジションは日増しに厳しさが増していることを実感するだろう。管理職はかつては 中間管理職 と呼ばれたように、部下には経営方針や経営計画などを伝達し、上司には現場の状況を報告するという連絡・調整作業が主な仕事だった。経営と現場の板ばさみに合い、気苦労が絶えなかったが、今ほどの重責ではなかった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/10 05:30
人材ポートフォリオの構築事例
今回はアセスメントを使った 人材ポートフォリオ の構築事例をご紹介する。当事務所では 個人特性分析 という人材アセスメントを行っている。このアセスメントでは人の行動や考え方を左右する特性として性格、能力、意欲、価値観を取り上げ、これらを構成している複数の要因を数値化することにより、人間の行動特性や意思決定における判断傾向を明らかにする ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/22 07:54
人材ポートフォリトを活用する
現在の職場には正社員だけでなくパートタイマーや派遣・請負労働者など多様な雇用形態で働く人たちがいる。また、定年退職し継続雇用中のベテラン社員や、子育て中の短時間勤務の女性社員といった多様な就労条件の労働者もいる。さらに外国人社員がいる会社では個人の価値観も多様化が著しい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/07 12:24
多彩な人材を活かす人事制度とは
厚生年金の支給開始年齢が年々繰り上がっていくため、高齢者の雇用を確保する措置が強化されようとしている。そうなれば、企業は高齢者をより一層戦力として活用する必要に迫られる。それに加え少子化や経済のソフト化・グローバル化により、女性や障害者、外国人、派遣労働者など多様な労働力を必要に応じて使い分けることも求められている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/05 18:44
有給休暇の取得促進は生産性を向上させる
有給休暇の取得の促進は企業にもメリットをもたらす。魅力ある職場環境を整備することで優秀な人材を採用でき、その後の定着が進み離職者・休職者が減ることで経費が削減できる。ただし、有給休暇の取得を促進するためには現場の生産性を向上させる必要があり、そのカギは管理職・マネージャーが握っている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 18:49
有給休暇の取得促進策
現在、厚生労働省は将来の労働力不足への対応を主要な政策課題としている。このため、少子化対策や多様な雇用形態の容認、女性や高齢者の活用、ワークライフ・バランスの推進といった対策が打ち出されている。次世代育成支援対策推進法の一般事業主行動計画には 有給休暇 の取得促進が盛り込まれている(一般事業主行動計画の策定・届出義務は平成23年4月から従業員数100人を超える会社にまで拡大された) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/24 18:44
退職の撤回は認められるのか  【後半】
退職勧奨や移籍出向に応じ、社員側から合意解約の申し出がなされ、会社側がこれを了承し、退職したにも関わらず元従業員が退職の撤回を求めてくることがある。その背景には彼らに「辞めさせられた」 という被害者意識があるためだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/11 11:30
退職の撤回は認められるのか  【前半】
辞任を表明したと思ったら、その後やっぱり辞めないと言い出した総理大臣がいた。多くの人が唖然としたが、似たような事例は会社でもあり、社員が退職を申し出ながら、後になって「辞めるのは取り消します」、と言ってくることがある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 18:36
ライバル会社へ転職した時の退職金
企業は 競業避止義務 を実効あるものにするため、これに違反した場合には退職金を減額したり、支払わなかったりすることがある。果たしてこうした規定や行為は認められるのだろうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/09 11:45
ライバル会社への転職は認められるのか
経済のソフト化、サービス化が進み知的財産や著作権といった目に見えないものに価値の重点が移っている。こうした価値は人間が作り出すものであるゆえ、企業からすると社員の存在が価値を生み出すことになる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/27 06:02
会社で出来るうつ病予防対策  【後半】
前回に引き続き坂本真士・著 ネガティブ・マインド から、今回はうつに陥らないための対策についてお送りする。前回、うつが生じる要因として 自己注目 について触れたが、自己注目には自らの事を内省したり内観することで成長に繋がるプラスの面がある一方で、社会生活を機能不全にするマイナスの面もある。マイナスの自己注目を避けるためには 自己概念の複雑性 を高めるとよい ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/07 04:44
会社で出来るうつ病予防対策  【前半】
メンタルヘルス の問題が一向に収まる気配がない。メンタルヘルスは個人差がある問題だが、経営者や人事担当者は医師ではないため予防や対策はどうしても画一的なものになってしまう。そこで社会心理学の見地から「うつ」 について書かれた 「ネガティブ・マインド」(坂本真士・著) が実務で活用できるのでご紹介しよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/27 11:08
アサーションの活かし方   【後編】
前回からの続きで、人間関係が上手くいかない人はアサーティブな自己表現ができないことが多い。その原因としては次のようなことが挙げられる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 10:53
アサーションとは  【前編】
社員が会社を辞める際、表向きの理由はさまざまあるが、真相は職場の同僚や上司との人間関係が上手くいかないというのが大半だろう。対人関係をよりよきものにするための工夫、知恵、仕組みが求められる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 10:51
懲戒規程の定め方
前回 記したように 懲戒処分 を行うためには、懲戒の種類や程度、事由(理由)を明示しておかなければならない。就業規則 への記述方法は2種類ある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/08 11:30
身だしなみの許容範囲
中途採用の面接には思わぬ格好でお出でになる方がいる。長髪、金髪、ピアス、ヒゲ、下駄 ・・・。大半の企業ではこうした人たちには丁重に応対し、お引取りを願う。このように応募者を外見だけで判断し、差別的な取り扱いをして問題はないのだろうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 05:01
研修効果の計り方
前回ふれた インストラクショナル・デザイン に従って研修を行うことで、研修参加者の満足度を高めることはできる。しかし、研修にはもうひとり満足させるべき関係者がいる。研修費用を負担する会社の経営者だ。「研修をやってどれくらいの効果があったのか」、という経営者として当たり前の質問に対してはっきり答えられる担当者はいない ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/05 11:33
実りのある研修を実施する方法
以前、某・外食チェーンの新入社員研修の模様がテレビで報道され話題になった。5日間、宿舎に泊まり込み、その間は携帯、新聞、テレビ、喫煙は禁止。朝6半から夜11時まで、経営理念から接客の仕方までみっちり叩き込み、今後の抱負を絶叫させ、最後には感極まって役員と抱き合い涙を流すというものだった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/22 04:53
人事マネジメント・7月号の補足
月刊・人事マネジメント に「ワークモチベーションの着眼点」 というテーマで連載記事を書くことになった。7月号のテーマは「管理職」 で、日本人や日本企業がワーク・モチベーションを考える際は、個人よりも、組織やチームに注目すべきではないかと記した。ここで補足を少し ・・・   組織のモチベーションを向上させようとして 従業員満足度調査 や モラルサーベイ が行われることがある。「あなたは職場が○○だと思いますか」 とか、「会社の○○について、○○と思いますか」 といった質問を用意し、選択肢か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/02 12:26
歩合給の運用における注意点
歩合給制度には適した環境というものがある。 営業担当者の場合は @受注から納品、アフターケアをほぼ一人で行うこと。多くの人が関わるようだと、成果は必ずしも営業担当者だけのものと言えなくなり、他部門から不満が出やすくなり、営業活動に支障が出る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/23 05:01
歩合給の注意点
経営者なら誰でも社員に成果に応じた給料を払いたいと考えている。その究極とも言える仕組みが成果を毎月の給料に反映させる 歩合給 (インセンティブ制、出来高給)だ。現在でも不動産、金融・証券・保険会社、運送・運輸などの業界では広く普及している ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/08 04:51
試用期間の法的位置づけ
日本の会社では規模の大小を問わず中途採用には 試用期間 というものがある。この期間に採用者の適性や能力、勤務態度などを見極め、問題がなければ正式に採用とする。試用期間については法律上の制約がないため、その期間や内容は会社側が比較的自由に設定することができる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/25 11:49
「みなし」で労働時間を決める仕組み
在宅勤務制度の導入で会社が 事業場外労働に関するみなし労働時間制 を採用すると、実際の労働時間に関係なく所定労働時間、または労使協定で定められた時間の労働があったものとして扱われることになる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/09 05:19
在宅勤務制度を導入する際のポイント
夏場の電力を削減するため 在宅勤務制度 を検討する企業が相次いでいる。これまで在宅勤務制度は女性社員の戦力化や、ワークライフバランスへの配慮、生産性の向上などを目指し、導入が叫ばれながらも遅々として進んでこなかった。だが、今回はこれまでと事情が異なるようだ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/23 11:08
アメリカの人事考課
前回のテーマが人事考課だったので、今回はアメリカの人事考課について見てみよう。 日本産業社会の「神話」 という本は日本企業の特徴とされる年功賃金、集団主義、長時間労働などが思い込みによる 「神話」 である事を明らかにしている。この中で、アメリカ企業の人事考課の実態について詳しく記されている ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/08 05:14
絶対考課と相対考課  パート2
人事考課には処遇と育成という2つの役割がある。処遇のためには 相対考課 が適切であると同時に欠かせない。処遇は最終的には会社の利益を分配することで、分配原資が限られている以上、相対評価を採用せざるを得ない (絶対考課では順位や序列が形成されることがないため) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/05 18:29
絶対考課と相対考課  パート1
プロ野球選手のトップバッターの役割は何かと問えば、答えは出塁することだろう。そうなるとイチローの評価は低くなる。イチローの昨年の出塁率は0.359でリーグ・18位、松井はその一つ上の17位だった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/20 10:36
注目を集める役割等級制度
日本の賃金体系は戦後から高度経済成長の時代の長きに渡って年功序列賃金が続いた。その後、経済成長が鈍化してくると、ポストや役職が不足し始めた。そのため、社員の職能(=職務遂行能力)を評価し、それを資格等級表に当てはめ、賃金を決めるという 職能資格制度 が登場した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/09 10:29
老いも若きも仕事の意味を問う
文部科学省による「ゆとり教育」の方針転換が進められている。教育方針を転換しても、当分の間はゆとり教育を受けた世代の若者が入社してくるし、中途採用の若者もゆとり教育の世代にあたる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/25 11:44
会社が行う自己啓発支援とは
経営者の中には自己啓発に会社として援助、支援を行うことに疑問を抱いている人もいる。こうした社長は会社は働く場であって学校ではない、仕事に関係のない学習になぜ会社が援助するのか、勉学させて辞められたら大損だ、という ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/11 18:26
正社員に転職できる人と、出来ない人の違い
新卒者の就職戦線が厳しさを増している。日本の場合、卒業年度に正社員として採用さるか否かでその後の状況が一変する。卒業年度の経済状況によって今後の職業人生が左右されるのは心情的にも不合理さを覚えるし、人的資産を有効に活かしきれていないという観点からすれば社会的・経済的な損失でもある。大企業が新卒一括採用を見直さない限りこの状況は変わらないだろう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/28 16:27
上昇する最低賃金への対策
国が定める 最低賃金 は毎年上がり続けており、今後も国際比較や少子化による労働力不足、経済のソフト化・サービス化の進展により引き上げられることが予想される。最低賃金の引き上げは生産性の低い企業に体質転換を促すことになる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/09 10:15
大幅に上昇した最低賃金
今年の 最低賃金 を巡る労使協議は異例の長丁場となった。結局、最低賃金は全国平均で15円上がり、728円で決着した。労使協議が難航した原因は民主党が最低賃金の引き上げを図る方針であることに加え、平成20年に 最低賃金法 が改正されたためだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/25 04:41
東武百貨店が始めた新しいOJT
人材育成の柱はOJT、OFF−JT、自己啓発の3つとされるが、最近は OJT が上手くいかないという声を頻繁に耳にする。その背景には仕事の進め方や上下関係が変わったこと、会社や上司への忠誠心の低下といった環境の変化がある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/05 09:33
若手社員が受け取る高額な退職金とは
日本では新卒一括採用という他の先進国にはない採用の仕組みがある。だが、職業経験がない若者が初めて就職した会社で一生の仕事に出会えることはまれだろう。それでも、これまでは不満があっても長く勤めていれば働きに比べ高い給料が貰えた。だから、若者たちは現状に不満でも会社に留まり、与えられた仕事の中に自分のやりがいを見つけてきた ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/20 18:30
外国人社員の定着と戦力化
留学生も含めた外国人労働者の定着率は1年目で47%という統計が示す通り、はかばかしいものではない。外国人の社員を定着させ、戦力にする際の最も大きな課題はコミュニケーションにある。日本人同士でさえ、コミュニケーションの不全が問題になっているご時勢だ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/06 18:16
広がり始めた外国人の新卒採用
外国人労働者というと、移民、不法滞在者、3K職場で働く非正規労働者、というイメージで捉えてしまう。しかし、ここ数年大企業を中心に日本で学ぶ 外国人留学生 の新卒採用に力を入れる傾向が伺える ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/27 19:14
失敗しない中途採用  その2
前回 の最後に、採用のホームページに掲載する内容で最も重要なのは自社が求める人物像であると書きました。では、なぜ自社が求める人物像を明確にする必要があるのでしょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/09 09:42
失敗しない中途採用  その1
景気後退が続き、さらなる人員の削減を考えている企業がある。反面それは中途採用を考えている企業にとっては大きなチャンスである ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/20 14:22
業績を左右するのは労働生産性
少子化時代に加え、長時間労働の規制強化や育児休業の充実が図られつつある。今後、ますます人件費というコストの高騰が予想される ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/05 18:51
会社の元気度を調べてわかったこと
JTB が上場企業を中心に350社を訪問し、総務担当者に自社の活力について聞き取り調査を行いました。それによると会社の元気度について自己採点すると、「ほぼ理想に近い」 「やや不足気味」 「不足」 が3分の1ずつとなりました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/23 11:53
コンピテンシー面接の実態  Part_2
前回 の最後に、採用面接においてライル・スペンサーとシグネ・スペンサーが推奨する応募者のコンピテンシーを評価する手順について触れました。それは、次のようなものでした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/14 11:17
コンピテンシー面接の実態  Part_1
労働政策研究・研修機構が 『大学新卒者採用において重視する行動特性(コンピテンシー)に関する調査 2009年』 を公表しています。この調査は企業にヒアリングを行い、4年制大学の文系新卒者採用におけるコンピテンシーの活用をまとめたものです。コンピテンシーとは、ある職業・職務・状況において高業績者に共通して見られる行動上の特性のことです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/25 17:04
勘違いしやすい減給処分
社員が不祥事などを起こした際、懲戒処分として給料をカットすることがあります。ある会社で社員の一人を懲戒処分として1週間の出勤停止にしました。これで給料はおよそ4分の1近くがカットされることになります。これを知った社員が10%以上の給料カットは法律違反ではないのか、と言ってきたそうです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/09 10:14
しらけムード漂う労働基準法の改正
今年(平成22年)の4月1日から 労働基準法が改正 され、長時間労働に対する規制が強化されています (中小企業は適用が猶予中)。しかし労働者側は納得できない点が多々あるため渋い顔です。今回の改正では時間外労働が月・60時間を超えると、その超えた部分の労働時間に対する割増賃金の割増率がこれまでの25%から50%に引き上げられました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/24 11:48
ある日突然やって来る労働組合
終身雇用制度が崩壊し、非正規で働く人たちが増えたため、労使関係は家族的なものからドライな契約関係に変わってきました。そのため、労働問題のトラブルも増加しています。窮地に立った労働者の中には労働組合に助けを求める人たちもいます。社外にあって一人でも加入できる労働組合は、合同労働組合 とか ユニオン とよばれています ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/06 11:30
経営に活かす有給休暇の使い方
平成22年の4月から労働基準法の一部が改正され、有給休暇の時間単位での取得が認めらることになりました。もっともこれは強制ではなく、労使協定を締結する必要がありますから、経営者が 「ウチの会社では認めない」 と言えば、それで済んでしまう話です ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/26 11:52
OJTと人材育成  パート2
前回紹介した 産業能率大学総合研究所の調査 は、中堅社員育成のための取り組み状況について教育的施策の面からも尋ねています。その結果、現状の主な教育的施策としては「階層別の役割認識研修」 が50%、次いで「自己啓発支援」 が48%でした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/19 14:10
OJTと人材育成  パート1
産業能率大学総合研究所が中堅社員による人材育成の現状や、役割の遂行状況に関する調査を行いました http://www.sanno.ac.jp/research/chuken.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/06 11:35
無駄な会議をカイゼンする
前回 は実際に労働時間の削減に取り組んだ会社の事例を紹介しました。その中で仕事をスリムにするため全社で取り組むべきテーマを募ったところ、最初に決まったのは 会議 になったことをお伝えしました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/02 10:21
残業時間短縮の試み
景気の悪化で仕事が減って、残業が減ったという人もいれば、非正規社員が減って、仕事が増え労働時間が長くなったという人もいます。平成22年4月からは長時間労働に対する割増賃金がアップすることもあり、残業時間の短縮は急務の課題となっています。今回は パナソニック電工 が取り組んで効果を発揮した残業時間短縮の試み、シゴトダイエット をご紹介しましょう ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/29 11:14
業績向上の決め手はエンゲージメントにあり  パート2
前回はエンゲージメントの概要と、エンゲージメントを高めることが企業業績の向上に繋がっていることを指摘しました。今回はエンゲージメントを構成する中味についてお送りします ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 17:30
業績向上の決め手はエンゲージメントにあり  パート1
アメリカの企業は不況になるとすぐにリストラをするとか、教育研修にカネをかけず能力開発は自己責任にしていると誤解されています。確かにそうした会社もありますが、全部ではありません。社員を大切にし、できるだけレイオフをしない家族主義的な経営の会社もたくさんあるし、日本の企業以上に社員教育に費用をかける会社も珍しくありません ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 18:41
若手社員の早期離職問題   パート2
前回は若手社員の早期離職の状況や背景についてお送りしました。今回はこの問題に対する現場の管理職の対応についてお送りします ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 05:33
若手社員の早期離職問題   パート1
日本能率協会の 当面する企業経営課題に関する調査 (2008年度)によると、新入社員や若手社員の離職を問題であると捉えている企業が40%に達しています ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/23 10:39
日本の労働者はどれくらい保護されているのか
2009年の新入社員の意識調査を 日本生産性本部 と 日本能率協会 が行っています。それによると「定年まで勤めたい」 という回答は43%、「今の会社に一生勤めようと思う」 が55%で、いずれもここ数年の最高値となっています。果たして彼らの望みは叶うのでしょうか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/07 09:58
トラブルを起こさないリストラ
不況は依然として出口が見えず長期化の様相を強めています。企業によっては正社員の人員整理を考えざるを得ないところもあります。業績不振により人員整理をする場合、これまでは 整理解雇の4要件 『すべて』 を満たす必要があると言われてきました。しかし、最近の裁判所の判断は変わりつつあります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/22 18:39
個人におけるコミュニケーションの問題
前回 は組織におけるコミュニケーションの問題だったので、次は個人の観点からコミュニケーションの質的な問題を考えてみましょう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/09 05:11
組織におけるコニュニケーションの問題
日立製作所が社員のコミュニケーションの度合を測る ビジネス顕微鏡 というシステムの試作機を作り上げたそうです。名刺サイズのカードに赤外線、加速度、マイクなどのセンサーを詰め込み、いつ、誰と、どのくらいコミュニケーションをしているかを計測する ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/24 18:29
若手社員の退職を防ぐ
有効求人倍率が低下し、農業に就く若者が少しずつ増えているそうです。しかし、いざ農作業を始めてみると、あまりのキツさにあっさり辞めてしまう若者も多いと聞きます。これは何も農業に限ったことではなく、企業においても同じです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/11/10 15:09
アクションラーニングについて
厚生労働省がまとめた平成20年の 能力開発基本調査 によると、人材育成に問題があると答えた企業は72%と高い数字を示し、その中では「指導する人材の不足」 を挙げる企業が最も高かった。バブル崩壊後の不況が長引き、新卒採用を抑制し続けた結果、後輩がいないまま昇格を続け、管理職やリーダー職に就いた人もたくさん見かけるようになりました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/07 11:27
次世代育成支援対策推進法の改正
欧米は多様な人種や民族が入り混じった社会だから企 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/25 11:34
障害者雇用促進法の改正
現在、国は障害者の雇用に関して 障害者雇用促進法 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/07 18:29
懲戒解雇と普通解雇
会社と労働者との間で最も多い紛争は解雇を巡るものだ。解雇には主として 懲戒解雇 と 普通解雇 があるが、今回はそれらに関して実際に起きた事件を取り上げてみよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/24 09:48
賃金格差を解消する試み
NHKのドキュメント番組で正社員と非正規社員の給料 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/07 09:36
派遣労働者化する正社員
連日のように派遣切りで職を失い、住まいを失う人たち ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/29 17:17
医療と介護の自己負担が軽減される
厚生労働省が発表した平成20年の国民生活基礎調査 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 16:19
部下を叱れない人へ
ある雑誌社の元記者が久しぶりに古巣の会社を訪ねて ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/06/25 11:52
労働時間って、どう決まる?
トヨタ自動車が 「カイゼン」 とよばれる時間外の業務改善運動について、今後は労働時間として扱い、残業代を支払うことにするという。法律ではどのような時間を労働時間として扱うのかについて定められていない。このため、裁判を通じて労働時間の定義がなされている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/05 11:53
復職を巡っての裁判事例  その2
前回の裁判例では、休職となった原因が一つだったが、社員が複数のケガや病気を抱えて休職していると、復職の判断はさらに難しくなる ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/28 11:22
復職を巡っての裁判事例  その1
休職していた社員が復職を申し出たとき、本当に大丈夫 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/06 10:28
人事考課が無効とされた裁判
どのような人事制度を採用していても、必ず必要になるのが人事考課だ。人事考課はすべての社員に関係し、処遇に直結するため関心も高く、影響も大きい。そんな人事考課による降格、降級が人事権の乱用と判断された裁判がある ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/04/20 18:43
新通達で名ばかり管理職はなくなるか
財団法人・労務行政研究所が、いわゆる 名ばかり管理職 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/06 12:01
健康保険が不正に請求されている
健康保険の財政悪化が懸念されつつあるときに、柔道整復師 による健康保険の不正請求が社会問題になっている。柔道整復師は、ほねつぎ、接骨院、整骨院などで知られ、打撲、捻挫、挫傷、骨折、脱臼などの治療を行う ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/27 12:08
法律改正で残業代が上がります
長引く景気後退で残業が減り、労働時間の減少が予想される。しかし、一部の人や部門に業務が集中し、会社全体では労働時間は減りながらも、局所的に長時間労働が蔓延している実態もある。このため厚生労働省は労働基準法の一部を改正することにした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/24 17:33
人事異動で泣く人、笑う人
会社勤めの人にとって避けられないのが 人事異動 。きっとこれに泣かされた、という経験を持つ人も多いことだろう ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/09 11:48
トラブルが絶えない有期労働契約について
「雇用契約の打ち切り」といった問題がクローズアップさ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/24 12:08
内定取消のツケ
あまり見たくない言葉が紙面に踊る ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/09 11:39
職場におけるコミュニケーション問題
労働政策研究・研修機構が 『職場におけるコミュニケーションの状況と苦情・不満の解決に関する調査』 を実施した。それによると、社員のほぼ7割が、いまの職場に何らかの不満を抱いているという結果が出た。最も多かった不満は「仕事の進め方、割り当て等の業務遂行上の問題」で、以下ほぼ同数で、「職場内の人間関係」、「賃金・一時金」、「評価・査定」、「残業時間・休日・休暇」、と続く ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/26 11:49
明日から使える人材発掘術
定期的に社員を引き連れて「飲み歩く会」を催している ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/01/07 16:09
その働き方、見直しませんか
大手自動車メーカーの販売会社が揃って労働時間の見 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/19 10:11
企業を責めても非正規労働問題は解決しない
「派遣切り」「雇い止め」 といった企業の人員削減が大き ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 05:24
「正社員転換制度」を導入する際のポイント
パートタイム労働法が改正され、すべての企業は短時間労働者を通常の労働者へ転換する措置を講じなければならなくなっています。具体的には、 正社員を募集する時は、短時間労働者にもその内容を周知させること ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/05 09:18
退職を促す2つの制度
「40にして惑わず」 というが、40歳代といえば仕事人生の折り返し点だ。多くの人は残りの半分の仕事人生をどうすべきか惑う時期でもある。外資系に勤務する同世代の友人と話していると、なんとなくそんな話になった。彼の勤める会社の定年は60歳だが、定年まで勤める人は見たことがないそうだ。全員それまでに退職している。早期の退職には割増の退職金が支払われるため、定年まで勤める意味があまりないという ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/18 11:38
ユニークな昇進制度
人事異動の季節を迎えると社内はそわそわ、ざわざわする。特に管理職の異動が囁かれている部署はそうなる。上司次第で仕事や職場環境は大きく変わるから無理もない。そんな管理職への昇進に独自の制度を採用している企業がある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/07 09:24
働きがいのある会社の作り方
■ 3つのキーワードを活かすこと ■ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/19 11:14
あなたの会社、働きがいはありますか
■ 働きがいのある会社の秘密 ■ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/03 09:55
新しい目標管理制度の使い方
■ 処遇には使わず、人材育成に使う ■ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/18 10:09
嫌われる目標管理制度
「あんな目標、誰が決めたんスか」。ある居酒屋で隣の席のサラリーマンが愚痴っています。きっと目標管理のことでしょう。無理もない話です。現在の人事制度の中で最も評判が悪く、問題を抱えているのがこの 目標管理制度 です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/02 10:08
パワハラにご用心
陰湿ないじめは中学生・高校生の話と思っていたら、最 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 11:57
今後の人事部門の課題とは
産労総合研究所が企業の人事部門の責任者に対して、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 17:49
新型メンタルヘルスにご用心
財団法人 日本青少年研究所が日本、米国、中国、韓国の高校生の意識調査を実施しました。回答の多くは4カ国で似たような傾向を示していますが、日本だけ顕著に違う項目もいくつかあります。そこから日本の高校生の特徴を描くと次のようになります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 11:56
増加する未払い残業問題
残業代を巡り、大手小売量販店、外食チェーン店が相次い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/07 14:59
会社が行う「キャリア開発支援」とは
企業が行うキャリア開発支援というと、異動配置、社内公募制、自己申告制度といった制度や仕組みが取り上げられることが多いようです。しかし、それよりも社員の自己理解・自己分析の方が重要です。それを進める方策としては、次のようなものがあります ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/19 11:44
なぜ 「キャリア開発」 が重視されるのか
  世の中にはわかったようでわからない言葉があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/05 11:57
人事における降格とは
埼玉県が昨年の4月から自己申請による降任制度を導入しています。対象となるのは、知事部局の主査級以上の職員で、家庭の事情やストレスで職務に耐えられないと自らで判断したら、降格を申し出ることができます ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/20 11:40
会社が勝てない労働裁判とは
最近は会社の不祥事、不手際が明るみになると、コンプライアンス違反が問われます。その背景には社会全体における法令遵守の意識の高まりがあります。労働問題を巡る使用者と労働者の争いも、雇用関係の流動化や労働者の権利意識の高まりなどを背景により一層増加することが考えられます。また労働審判制度や個別の労働関係の紛争を解決する機関の充実もこれを後押しします ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/09 11:30
賞賛しあう組織
成果主義の弊害の一つにチームワークの欠如があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/18 16:59
部下の個性を理解するには そのA
  部下を持つ人なら誰でも研修やセミナーでこんな話を ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/02 11:49
部下の個性を理解するには その@
  十人十色で、社員や部下を簡単に理解することはでき ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/18 11:38
新しい法律、労働契約法とは
  「労働契約法」というまったく新しい法律が制定され、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/04 12:01
広がる役割等級制度
現在、日本の企業の人事制度は 職能資格制度 を中心に運用されています。職能資格制度はまず社員の 「能力」(=職務遂行能力、職能) を発展段階に応じていくつかの等級として定めます。そして、人事考課により一人ひとりの能力を、その保有程度に応じて評価し、資格等級にあてはめ賃金や職位の処遇をしていきます ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/02/21 11:41
就業規則の不利益変更について
企業を取り巻く環境の変化にあわせて、賃金、労働時間、福利厚生、各種の手当、退職金などの労働条件を見直す必要性が生じることがあります。これらの労働条件を変更しようとすると、就業規則も変更することになります。もともと労働契約は使用者と労働者の民事上の契約ですから、当事者の間で合意があれば、その内容を自由に変更することができます (当然、法律の定める範囲内に限ります) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/06 11:59
新しい復職制度
  人材確保に苦労する会社が増えてきたせいか、退職した ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/21 11:39
短時間正社員制度とは
パートタイム労働法の改正の背景には正社員と非正規雇用労働者との格差の存在がある。また、正社員の地位を失うことで出産をためらう女性、定年後の再雇用で大幅な賃金ダウンに直面する高年齢社員など、働く意欲やスキルを持ちながらも正社員またはパート・アルバイトかの選択肢しかないとすれば、貴重な労働力が戦力化されないという現状もある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/08 10:57
感謝の声を集める三越
三越が固定客を増加させるための新しい試みを始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/26 15:00
昨今の新入社員の意識とは
  空前の超売手市場だった今年の就職戦線を振り返ると、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/04 18:09
一般職が復活の兆し
  今年の新卒学生の就職戦線は、「超売手市場」 といわれ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/21 11:31
採用時における年齢制限の禁止
一部の地域・業種の好景気と少子化の影響で新卒学生の就職戦線は明るい状況が続いている。しかし、新卒以外の求人となると情勢が好転したとは言えないようだ。そんな折、雇用対策法が改正され、10月から社員の募集・採用にあたって年齢制限をすることが原則として禁止されている。企業としては年齢制限の例外規定が気になるところだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/07 11:30
パートタイム労働法の改正
格差の是正を狙いにパートタイム労働法が改正された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/19 03:41
メンター制度導入の方法
今回はメンター制度導入の具体的進め方についてお送りする (メンター制度そのものについては前回のブログをどうぞ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/04 14:52
メンター制度とは
景気の回復とともに新卒者の就職状況も改善傾向にある。しかし、せっかく就職しても3年以内に離職する新入社員は大卒者で35%近く、高校卒では48%にも達する。中小企業では新規採用の困難さが増すとともに、退職者が増加する懸念も強まっている。社員の離職を防ぐリテンション対策の一つに メンター制度 がある ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/24 17:27
企業向け 最新メンタルヘスル対策
企業におけるメンタルヘルス対策としては、まず発見と ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/03 14:38
メンタルヘルスと企業業績の関係
メンタルヘルス(心の健康)が社会問題になりつつある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/01 14:46
消えた記録が見つかっても年金が減る不思議
一向に収まる気配のない年金の記録問題だが、宙に浮い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/18 14:40
大手商社が年功序列を復活させる
大手総合商社が人事制度を相次いで改革している。住友商事 は入社10年目までは、昇格や賃金で差をつけない年功序列型の人事制度を復活させることになった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/05 18:23
司法制度改革が人事に与える影響
時代がもたらす閉塞感のせいか、「改革」の声が止むこ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 17:35
シナリオでわかる「育成面接」の進め方
育成面接 とは、前回述べた 目標面接 で設定した目標について、期末に達成過程のチェックや、未達の場合の原因分析、業務の改善、個別の育成計画の検討、次期の目標に対する動機づけを行うものだ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/06 17:03
シナリオでわかる 「目標面接」 での話し方
米国の経済雑誌「フォーチュン」 が、毎年 「最も働きがいのある会社ベスト100」 を発表している。選ばれるのは世界的な大企業だけではく、病院、法律事務所、食品スーパーなどもある。選ばれた会社の業績は総じて平均以上であり、離職率も低い ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 14:06
現代リーダーシップ論・実践編 
前回の理論編では、リーダーシップの有効性は特定の個人の特質にあるのではなく、状況によって決定される、ということだった。今回は、実際の具体的な状況とリーダーシップの関係について考えてみよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/08 17:21
現代リーダーシップ論・理論編
リーダーシップといえば世間では戦国武将論、三国志論、スポーツ監督論などが人気を集めている。これらはエンターテイメントとしては面白いが、実践となると話は別だろう。ここでは、リーダーシップの理論と実践を2回にわけて紹介してみよう。まずは理論編から ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/17 11:44
人事考課で生じる「誤差」とは
昇進・昇格、昇給や賞与を決定するにあたり重要となるのが 人事考課 である。人事考課とは恣意や主観に基づく評価を排して、社員の勤務実績、能力、人物的資質などを組織的、秩序的、客観的に把握、評価する人事制度である ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/06 17:08
年金加入で進むパート社員の戦力化
現在政府は、パート社員の厚生年金への加入を義務づける ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/29 17:17
能力開発につなげる人事考課とは
人事考課の機能は大きく分けて2つある。一つは処遇に結びつけるもので、考課項目に従って被考課者を評価し、結果を基に昇進、昇格、給料、賞与、新しい職務・仕事などの処遇に繋げていく ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/20 17:53
まもなく新しい男女雇用機会均等法が施行されます
最近メディアでは、「営業マン」 とか「ビジネスマン」 と記さずに、「営業担当者」、「ビジネスパーソン」 といった表現を用いている。これは職業が男性に限定されている印象を与えるのを避けるためだ。こうした動きに影響を与えている男女雇用機会均等法が改正され、平成19年4月から施行される。主な改正のポイントを見てみよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/06 17:59
平成19年4月から変わる女性の年金
女性と年金といえば、離婚による年金分割が注目を ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/21 17:17
日本のサラリーマンはやる気がない?
米国の人事戦略コンサルティング会社「タワーズペリン」が ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/07 17:34
安倍内閣を事例にリーダーシップを考える
  安倍内閣の支持率が下降を続けている。閣僚や政府関係者の ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/02 17:20
見直しされる育児休業の給付金
少子化対策が相次いで打ち出されているが、今度は雇用保険からの給付が増額される見込みとなった。詳細はこれから決まる段階だが、育児休業の給付率の引き上げや、会社が育児休業期間中に3ヶ月以上にわたり給料を支給すると、その半分ないし3分の2を雇用保険が補填するという内容のようだ。改正後でも、今以上に拡充されるのは間違いないので、現状を確認しておこう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/25 11:54
管理職の役割とは
社団法人 日本経営協会が 「第1回日本の中間管理職意識調査」 を行った。企業・団体の中間管理職に調査票を送り回答してもらったもので、調査結果から興味深い点をピックアップしてみた ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/19 17:29
中小企業の人材確保と育成
  大企業の集まりと思っていた経団連が「中小企業の人材確保と ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/15 17:36
コンピテンシーとは
コンピテンシーとは、高い業績や成果を上げた人に共通する感性、安定的に発揮している行動特性のことです。アメリカ政府機関における研究から、業績と学歴・知能との関係性は薄く、業績の高い人達にはある共通したコンピテンシーがあることが明らかになりました ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/05 10:03
仕事で使えるSNS
           NTTデータが社内ネットワークにSNSを導入しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/23 10:52

トップへ | みんなの「ビジネス」ブログ

人事コンサルタントの徒然草子 ビジネスのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる