人事コンサルタントの徒然草子

アクセスカウンタ

zoom RSS 引退宣言は撤回?  宮崎駿監督

<<   作成日時 : 2016/12/23 04:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


引退宣言したはずの映画監督の宮ア駿さんが、再び長編作品に取り組もうとしています。



きっかけはジブリ映画館で上映する短編映画を創るにあたって、コンピュータ・グラフィックス(CG)と出会ったことでした。自分はもう描けないけど、若いエンジニアたちの力を借りてCGを使えば、短編作品は何とかなるかもしれないという思いに至ったからです。




しかし実際の制作に入ると作業は難航の連続です。これまでの鉛筆で書いては消すというアナログ作業と、デジタルで画像処理するCGは勝手が違う上、エンジニアに自分の意図を伝えるのも一苦労です。



さらに、いつもの創作の苦しみがやって来ます。七転八倒しているうちに、創作魂に火がついて、再び長編作品を創りたいとなった訳です。



これと似たような話は私たちの仕事でも起こります。



取り組んでいる時は嫌だったり、苦しかったりして、もうやりたくないと思っていた仕事でも、何度か繰り返しているうちに面白くなってくることがあります。



そうこうしているうちに、周囲から 「これって、キミらしくていいね」 とか、「あの場面はあなたにしかできないよ」 といったフィードバックが得られることがあります。自分ではわからなかった 「自分らしさ」 や 「自分の持ち味」 に気づき、それが高じて最初は嫌だった仕事が一生の仕事になることがあります。



こうした気づきを自分一人で得られる人もいますが、多くの場合、周囲からのフィードバックが大きな役割を果たします。



人を使う立場の人は自分の何気ない一言が、相手の一生を左右することにもあるという重大さを理解しつつ、意識してそれが実践できるようになることが人材育成の達人への道なのかもしれません。



人材を 『千里の馬も伯楽に逢わず』(=1日に千里も駆ける高い能力がある馬も、その力を見抜いて発揮させる名鑑定人には出会えないまま終わってしまうという故事)にすることのないようにしたいものです。







ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引退宣言は撤回?  宮崎駿監督 人事コンサルタントの徒然草子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる