人事コンサルタントの徒然草子

アクセスカウンタ

help RSS 徒然草  「奥山に猫またというものありて」

<<   作成日時 : 2011/11/24 18:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


徒然草の第89段は「奥山に 猫またというものありて」。兼好法師は人々が噂をする 「猫また」 という怪物を題材にして、俗化した在家の僧を批判しています






「奥山に 猫またというものありて
----------------------------
「山の奥に、猫またという怪物がいて



人を食うなる」 と 人の言いけるに 「山ならねども
---------------------------------------
人を食うそうだ」 と、人が言うと、「山でなくても、



これらにも猫の経(へ)あがりて 猫またになりて
---------------------------------------
このあたりにも猫が功徳を積んで、猫またになって



人とる事はあなるものを」 と言う者ありけるを
-------------------------------------------
人の命を奪うことがあるということだ」 と言う者があった



何(なに)阿弥陀仏とかや 連歌しける法師の
--------------------------------------
何とか阿弥陀仏(※)とかいう、連歌をやっていた僧で

 ※ 僧侶の称号の一つ。この僧は在家の遁世者で俗僧。
    兼好法師はこの僧の俗世間ぶりをおもしろおかしく
    描くことで痛烈に批判しています



行願寺の辺(ほとり)にありけるが聞きて
------------------------------------
行願寺(※)の付近にいたのが、それを聞いて

 ※ 京都の一条にあった天台宗のお寺



一人歩かん身は 心すべきことにこそと 思いける比(ころ)しも
--------------------------------------------------
一人歩きする自分のような身には、注意すべきことであると、
 思っていたちょうどその頃



ある所にて夜ふくるまで連歌して ただ一人帰りけるに
-------------------------------------------
僧はある所で夜が更けるまで連歌をして、
 たった一人で帰るときに



小川(こがわ)のはたにて 音に聞きし猫また
-----------------------------------
小川(※)の近くで、噂に聞いていた猫またが

 ※ 行願寺の近くを流れている川



あやまたず足許へ ふと寄り来て
-----------------------------------
狙いをはずさず足元へ、すっと近寄ってきて



やがてかきつくままに 頸(くび)のほどを食わんとす
---------------------------------------------
いきなり飛び付くと同時に、首のあたりに食い付こうとした



肝心(きもこころ)も失せて 防がんとするに
----------------------------------
僧は肝をつぶして、これを防ごうとしたが



力もなく足も立たず 小川へ転び入りて
----------------------------------
力も抜け足も立たず、小川へ転がり込んで



「助けよや 猫またよや よや」 と叫べば
------------------------------------
「助けてくれ、猫まただぁ、猫まただぁ」 と叫ぶと



家々より松ども灯して 走り寄りて見れば
--------------------------------------------
あたりの家々から人々が松明を灯し、走り寄って見ると



このわたりに見知れる僧なり
-------------------------
このあたりで顔見知りの僧である



「こは如何に」 とて 川の中より抱き起こしたれば
-------------------------------------------------
「これはどうしたのだ」 と、川の中から抱き起こそうとしたところ



連歌の賭物取りて 扇・小箱など懐に持ちたりけるも水に入りぬ
--------------------------------------------------
連歌の懸賞で得た扇や小箱などを懐に入れていたのも、
 水に浸かってしまった



稀有にして助かりたるさまにて はふはふ家に入りにけり
-----------------------------------------------------
不思議にも助かったという様子で、這うようにして自分の家に入った



飼いける犬の 暗けれど主(ぬし)を知りて 飛び付きたりけるとぞ
----------------------------------------------------
飼っていた犬が、暗いけれど主人が帰ってきたのを知って
 飛びついたということである





ブログ・トップページ : http://justeye.at.webry.info/








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
徒然草  「奥山に猫またというものありて」 人事コンサルタントの徒然草子/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]